新着記事

サッカー部
結果
2016.11.16

4年生最後の一戦、貴重な勝ち点1で無念のリーグ残留

4年生最後の一戦、貴重な勝ち点1で無念のリーグ残留
11月12日

2016年度 第94回関西学生サッカーリーグ(後期) 第11 節 対桃山学院大

ヤンマーフィールド長居

16桃山
近畿大スタメン

 

近畿大0―0桃山学院大

前半0―0

後半00

                                                                                         

「近畿大スターティングメンバー」

GK:中前

DF:吉野川浪白岩村川

MF:國分84‘,新子多田横山

FW:前田72‘,大西粟飯原82‘,川畑

 

DSC_1677
応援企画や近大生無料観戦で普段より観客が集まった最終節

引き分け以上が残留、負ければ入れ替え戦、7試合勝ちなしの近畿大は悪循環に落ちたまま最終節に臨む。

前半では、近畿大がシュート1本に対し桃山学院大が6本と、相手に押さえられボールをペナルティエリア内に持ち込むことすら難しかった。

試合は両チーム無得点のまま後半35分に突入すると、川浪龍平(経営1)がペナルティエリア内でハンドをとられPKを宣告される。このPKに対して「あれは本当に手当たったのかなぁって、正面スタンディングでやってるわけですごい残念かなぁ」と松井清隆監督は不信の表情を見せた。しかし、精度を求め過ぎたか、強力で打たれたボールはゴールポストに当たり、試合の天秤は近畿大に傾ける。

DSC_1749
ハンドでイエローカードを出される川浪

DSC_1757
桃山学院大のPKが外れ、盛り上がる近畿大応援席

最後の10分間で近畿大は落ち着いたプレーを見せ、試合は0-0のまま終了。この試合も近畿大今年度の二回目の無失点試合となった。そして、この貴重な勝ち点1で近畿大は1部リーグの残留が決まった。

DSC_1798
試合終わる瞬間残留が決まり、ホッとする選手たち

この2016年度リーグでは、昨年全国王者・関学大に逆転勝利の試合があれば、8試合連続勝ちなしの悪い流れもあった。しかし、リーグで多くの1、2年生が試合に出たり、新人戦で三位を獲得したりすることで、来年こそ期待できる近大サッカーを披露してくれるだろう。

【近大スポーツ編集部・王維宇】

 

『大学最後の試合となった四年生たち』

DSC_1703
村川亮太(経営4・大阪桐蔭高)

DSC_1579
中前佑斗(経営4・初芝橋本高)

DSC_1761
大西崚太(経営4・近畿大附高)

DSC_1786
 新子遥也(経営4・桃山学院高)

 

〈試合後のphotos〉

DSC_1824

DSC_1835

DSC_1839

DSC_1846

DSC_1855

DSC_1860

 

試合後のコメント

松井監督

「入れ替え戦か、残留かというゲームで、ここまでのリズムからいって、1分け挟んで、6敗7敗のところでした。ここからチームが立て直すなかなかできないと、そういう中で三年生が福祉活動で二日間休んだりとか、四年生が面接就活で休んだりとか、色々あったんですけど、最後の所ではみんなが一団中心になって、リズムが悪い中、チームとしてまとまったと思います。去年は入れ替え戦、今年は負けたらまた入れ替え戦なるという所で、低空飛行かもわからないけど、我々は男として成長できたかなと思います。この財産を活かしてインカレに行けるようなチームになっていきたいかなぁと思います。サッカーは残酷で、今日の試合のあそこでPKなのかぁとか、相手チームは1点を取ったら残れるのにというか、こういう局面を迎えられたというのはハッピーだったなと、四年生は今後の人生に活かしてもらいかなぁと思います。自分は元々キーパー出身だし、キーパー中心でやっぱりディフェンスのチーム作りたいし、無失点か3点も4点も5点も入られるチームって話にならないというので、やっぱり集中してやればこうやって無失点もなるしというそのベースの中で、ボールを回すという。やっぱりどんなゲームでも10本以上のシュートを打てるようなチームを作っていきたいかなぁと思います。(来年は目標はやっぱりインカレですかね)いやもう優勝じゃないですか、無理であろうとやっぱり勝負師だから、学校の方からインカレ行けという事で、発破かけて、崩壊してしまったんですけど、やっぱりサッカーってそういうもんじゃないし、1つ1つ積み上げていかないといけないし、メンバーも三年から四年生になって成長してくれるだろうし、しっかりコーチングして守備から入って、もっとお客さんや学生もバンバン来てくれるようなサッカーを目指したいと思います。」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<2016年度リーグ通算成績>

7勝5分10敗 勝点26 得失点差-12 最終順位:8位

<チーム内得点ランキング>

前田 拓海(経営3)12点(PK1点)

國分 将 (経営3)5点

横山 航河(経営2)4点

粟飯原尚平(経営2)4点

丸岡 悟 (経営1)4点

川浪 龍平(経営1)2点

川畑 隼人(経営1)1点

藤本 拓臣(経営3)1点

藤井 慶樹(経営2)1点

<チーム内アシストランキング>

國分 将 (経営3)9アシスト

横山 航河(経営2)7アシスト

粟飯原尚平(経営2)5アシスト

村川 亮太(経営4)3アシスト

川浪 龍平(経営1)1アシスト

白岩 海斗(経営3)1アシスト

東  宏樹(経営3)1アシスト

藤井 慶樹(経営2)1アシスト

善積 楠貴(法2) 1アシスト