新着記事

ラグビー部
結果
2016.10.31

天理大に完敗…。大学選手権への切符を賭け、残り3試合に挑む!!

天理大に完敗…。大学選手権への切符を賭け、残り3試合に挑む!!
次節こそ勝利を誓う

10月23日(日)
2016ムロオ関西大学ラグビーAリーグ 第4節
 東大阪市花園ラグビー場第一グラウンド
無題 1
▽得点者

トライ・・・鈴木

「天理の強さをまざまざと見せつけられた試合だった。」5-54の大敗に中島茂総監督は苦い表情を浮かべた。
2勝1敗で迎えた今節は、強豪•天理大と対戦。悲願の関西制覇に大きく近づくためにも重要な意味を持つ試合だった。

しかし、前半試合の主導権を握ったのはここまでリーグ全勝中と勢いのある天理大。開始5分に近大がオフサイドの反則から相手にチャンスを与えてしまうと、天理大の武器であるスクラムで押し負け、先制点を許し厳しい立ち上がり。その後もフィジカルが強い選手が揃う天理大のアタックを前に劣勢となり立て続けにトライを決められていく。「自分たちの準備していたプランを出せなかった」と主将•山崎圭介(経営4)が振り返るように、天理大に翻弄され、突破口を見出すことができない。1トライも決められないまま、35点ビハインドと悪夢のような前半を終える。

DSC_7522
懸命に天理大に食らいつくも…

天理大リードで迎えた後半。相手のノックオンからトライ目前まで迫る場面も、スローフォワードやハンドリングエラーなどミスでチャンスを生かせず1トライが遠い近畿大。しかし、やられているばかりではないと後半43分ゴール前まで攻めると、モールで一気に押し込み途中出場の小林剛(経営4)がトライ。最後の最後で意地を見せるも、最終的に5-54でノーサイド。関西制覇から遠ざかる1敗となった。
DSC_7578
最後最後でモールで押し込みトライを決めた

今節を通して、2勝2敗で暫定4位となった近畿大。残り3戦の勝敗が大学選手権出場できるかに大きく関わってくる。特に11月20日の3位の京都産業大との1戦は重要な一戦となることは間違いない。「京産よりもまず(次戦の)摂南をしっかりと取っていくことが鍵になってくると思います」と山崎。まずは次節摂南戦で勝利し、京都産業大戦に繋げるか。近畿大の奮起に期待したい。【中根隆稀】

 

<試合後のコメント>

主将・山崎

「自分たちの準備していたプランを出せていなかった。後半35点返さないときつい場面でトライを取り急いでしまって、まず1トライを取って冷静に皆で流れを作っていく流れに持っていけなかった。スクラムはこの一年通して(練習で)頑張ってきたので、そこは出せたと思う。ディフェンス面で5フェイズまでは止められているが最後の一発でトライを取りきられている。トライを決められるまでのディフェンスは収穫はあったと思う。戦術とかよりも一人一人の持ち込むプレーが疎かになっているので、次戦までの3週間詰めて京産よりもまず(次戦の)摂南をしっかりと取っていくことが鍵になってくると思います」

中島総監督

「天理の強さをまざまざと見せつけられた試合だった。個人のフィジカルの力が相手の方が上回っていた。天理の特徴として接触してから次の動作が速い。パスワークも上手いし、連続攻撃を仕掛けてくるから近大はディフェンスは追いついてかないといけなかった。近大はディフェンスは個々では行っていたが、流れを止めるだけの強いタックルがなく止めているだけ。向こうの7番と15番の外国人選手を動かしたことが、近大のペースに持ち込めなかった最大の要因だと思う。最後諦めず1トライ取れたのは褒められる所かなと思うが、3トライは取らないといけなかった。今のままでは(現在4位の)京産大には勝てない。凡プレーをしないことやもっとボールにもっと早く反応することが焦点になってくる」