新着記事

ラクロス部
結果
2016.10.17

リーグ最終戦で連敗脱出!女子、1部常連校目指す‼

リーグ最終戦で連敗脱出!女子、1部常連校目指す‼
いざ1部常連校へ。次の入替戦も勝利を掴め近大

10月9日(日)
第27回関西学生ラクロスリーグ戦女子1部 最終戦

立命館大学BKC第一グラウンド

近畿大―神戸大

前半 7-3

後半   3-5

――――――――

10-8

▽得点者

吉岡2、高橋2、嘉本2、尾林2、川又、猪阪、

 

▽リーグ戦最終結果

1部リーグ5位 2勝4敗

第1戦 対武庫川女子大 〇9-8

第2戦 対立命館大 ●5-6

第3戦 対同志社大 ●7-9

第4戦 対関西大 ●4-9

第5戦 対関西学院大 ●4-12

第6戦 対神戸大 〇10-8

入替戦は10月29日(土)10:30より太陽が丘球技場にて2部リーグ総合3位校と対戦

 

2戦目以降1部常連校を相手に善戦するものの、中々白星を挙げれない近畿大。迎えたリーグ最終戦では序盤から着実に点を重ね、勝利を手にした。

序盤からペースを握ったのは近畿大だった。開始早々相手にボールをインターセプトされ先制点を許すも、前半6分に相手ゴール前で吉岡沙季(経営4)のパスを受けた川又裕実子(経済4)がすかさずシュートを決め、同点にする。すると勢いに乗った近畿大は尾林安紗(法3)、高橋祐衣(法3)らが立て続けに得点を重ね一挙に4得点。その後1失点するものの、22分にこの日2本目となる尾林のシュートで相手に試合のペースを譲らないまま7-3と大きくリードし前半を終える。

_DSC0079
近大に初得点をもたらした川又

_DSC0060
攻守ともにチームを支えた尾林

この勢いで後半も点差を拡げていきたい近畿大であったが、ミスなどで中々チャンスを生かせない場面が続く。すると「相手は負けてしまうと自動降格になってしまうので、ボールに対する執着心が近大に比べ凄かった」と主将・松川智美(文芸4)が語るように後半勢いを増した神戸大のオフェンス陣を止められず、失点を重ねていき徐々に追い詰められていく。11分には同点とされ、逆転の危機を迎える。

_DSC0045
 終盤、吉岡のシュートで再び近大に勢いが戻ってくる

しかし、ラスト5分。ゴール前まで攻め相手ファールからチャンスを掴み「絶対決めようと思っていた」と吉岡の会心のシュートが相手ゴールに炸裂。するとオフェンス陣にも火が灯り、試合の流れは近畿大へ。最後は再び吉岡が得点を決め、10-8で最終戦を制し1部5位でリーグを終えた。

「前半は自分たちのペースは掴めてやれていたが、後半の入りだしで自分達のミスが増えてしまって(相手に)追い上げられてしまった」と尾林が語るように、試合の立ち上がりに課題を残す結果となった今試合。次戦での入替戦でこの課題を克服し、立ち上がりから勢いに乗れるかが勝利への鍵となる。「1部常連校になることが目標なので、後輩のためにも自分のためにも入替戦で勝って引退したい」と吉岡。来年へ繋ぐためにも、絶対に負けられない一戦がいよいよ始める。【中根隆稀】

 

<試合後のコメント>

松川

「前半は良かったが、後半の立ち上がりの悪さが出てしまった。中で修正できず内容としては良くない、課題が見つかる試合だった。相手は負けてしまうと自動降格になってしまうので、ボールに対する執着心が近大に比べ凄く(後半)追い詰められてしまった。リーグ戦を通して前半や後半の出始めがあまり良くないのが近大の課題。(次の入替戦では)2部から1部に上がろうとするチームは、意地が凄いあるので課題を修正して詰めの甘さはなしにしていきたい。1部常連校という目標を果たすためにも、次の試合は絶対に負けられない戦いになるので全員で一つになって、絶対勝ちにいきたいと思います」

吉岡

「今日の試合は大差で勝つことが目標だったが、(相手との点差が)ギリギリになってしまい課題が見つかったので次の入替戦に向けて修正していきたいと思える試合だった。入りだしは雰囲気良くてこのまま行きたかったが、後半相手も気持ちを入れ替えてきたので…。そこを次の試合もそうなった時にどうしていくかを生かしていきたい。(終盤のシュートは)絶対決めようと思っていてポールに当たってポロっていう感じで入ったんですけど、入ってよかったと思います(笑)ただ苦しい状況になってからでなく、最初からもっとボールに絡んで自分が引っ張っていけたらよかったと思います。次の入替戦では、しっかり最初から自分の力を発揮できるようにアップ前からモチベーションを上げていきたい。1部常連校になることが目標なので、後輩のためにも自分のためにも入替戦で勝って引退したい」

尾林

「前半は自分たちのペースは掴めてやれていたが、後半の入りだしで自分達のミスが増えてしまって(相手に)追い上げられてしまった。勝てたのはよかったが、後半で出たミスをしっかり修正して入替戦に挑みたいと思います。(後半追い上げられてしまったのは)自分たちのミスやディフェンスが粘れなかったところだと思います。個々の1on1の能力をもっと上げていかないとと思うし、フォローの入り方など3週間の練習で上げていきたい。得点に関われたのはよかったが、前日で相手を意識した練習していたことを完全に出し切れた訳ではなかった。2部から1部に上がるしんどさは自分たちが一番経験しているので2部には落ちたくない想いがある。来年関西で(1部で)良い順位にいくことが目標なので(入替戦も)気を抜かずに勝っていきたい」