新着記事

アイスホッケー部
結果
2016.10.11

京大ねじ伏せリーグ2位!

京大ねじ伏せリーグ2位!
PSを仕留め、拳を突き上げる清水

10月7日(金)

第63回関西学生アイスホッケーリーグ戦 対京大

@浪速アイススケート場

 

<試合結果>
第1ピリオド  近畿大1- 1京大  G#25 榊原 A1#7岩成 A2#22横田/G#19中神 A#77八鹿(京大)
第2ピリオド  近畿大1- 0京大  G#22横田
第3ピリオド  近畿大0- 0京大
最終結果   〇近畿大2-1 京大

 

残り2戦となったリーグ戦。この日の相手は、前回4-1で下した京大だ。

試合開始直後から、京大の執拗なプレーに苦しめられた。スタンドからは京大の一挙一動に歓声が上がる。

“アウェー感”を演出する相手に対し、近畿大はプレーで魅せた。第1ピリオドで、岩成亮汰(経済3)、横田篤武(経営1)のアシストで榊原昂佑(経済1)が先制し、京大優位の流れを断ち切る。第2ピリオドでは相手にPSのチャンスを与えてしまうも、GK清水大輔(建築4)は「止めた後のパフォーマンスを考えていた」と余裕の表情。シュートをきっちり仕留め、拳を高く突き上げた。さらに、横田がシュートを決め、京大を突き放す。第3ピリオドでも相手に得点のチャンスを与えず、2-1で勝利した。

残る甲南大戦に勝利すると、チームは堂々の1位になる。有終の美を飾り、1部Bリーグとの入れ換え戦に勢いをつけられるか。【伊森公香】

PSX_20161011_144703PSX_20161011_144939
先制点を決めた榊原

PSX_20161011_144855
決勝点を放った横田

PSX_20161011_144818
得点を喜ぶ選手たち

<試合後のコメント>

榊原

「良い試合ではなかったですけど、勝てたのは嬉しい。チームのモチベーションがあまり良くない場面で得点できて、流れを変えられてよかった。次はもっと点を取って勝ちたい。」

清水

「同点になったところでペナルティの多さに危機感を覚え、みんなの意識が変わった。2ピリオドからのいい流れで(横田)篤武のシュートが生まれた。PSは普段の練習が自信に繋がって、リラックスして挑むことができた。(次戦は)チームとしては阪大を抜かすため、いっぱい点を入れたい。個人としては今季初の完封試合を狙って、チーム一丸となって頑張っていきたい。」

横田

「今までの試合ではシュートを外しすぎていたけれど、今回やっと得点できた。京大は激しく当たってくるチームで、体力を消耗したけれど、1本だけでもきめられてよかった。次戦はバンバン得点したい。」