新着記事

日本拳法部
結果
2016.10.10

全出場選手悔しいブロック予選落ち…

全出場選手悔しいブロック予選落ち…
【日本拳法部】10月2日(日)

第42回日本拳法龍峰杯優勝大会@吹田市立武道館(洗心館)

 

〈試合結果〉

段外の部

Aブロック2回戦敗退 王 鵬鑑(建築2)

Bブロック2回戦敗退 堀 大貴(法3)

Cブロック初戦敗退  宮園 学(法1)

Dブロック初戦敗退  山口夢貴(経営1)

Eブロックベスト32  笠松裕一(経済3)

Fブロック2回戦敗退 安原良太(建築2)

Gブロック2回戦敗退 中原 秀(文芸1)

 

初段の部

Cブロック初戦敗退  目賀稜麻(法3)

Dブロック初戦敗退  田尾兼大(法3)

 

関西から総勢486人の大学生、高校生が集う龍峰優勝大会。近畿大からは10名が出場したが、段外の部・初段の部ともにブロックを勝ち上がることができなかった。

大阪府民大会の段外の部で優勝した笠松裕一(経済3)もベスト32という結果となった。笠松は、シードを得ていて2回戦からの参戦。2回戦、笠松は相手にペースを握らせず圧勝。だが、3回戦からは一筋縄ではいかない展開になる。互いに点の取れない展開になり延長戦になるが、何とか1本をとり4回戦に駒を進めるも、またも延長戦にもつれ込む。相手は、決して小柄でない笠松よりも一回り大きい体格だった。リーチも中々埋めることができず、苦しい試合になる。そして、2回連続の延長戦で疲れも出ていたか、一瞬の隙を突かれ一本を取られてしまい、敗退。ブロック予選で姿を消すこととなった。

今週末にある日本拳法秋季大阪府民体育大会でこの悔しさを晴らせるか。【岡田春菜】

笠松さん

攻める笠松(写真右)