新着記事

相撲部
結果
2016.07.25

西日本体重別3階級で優勝!!

西日本体重別3階級で優勝!!
優勝を果たした元林(左)、古里(中央)、龍山(右)

【相撲部】7月24日(日)
第41回西日本学生相撲個人体重別選手権大会
@堺市大浜公園相撲場

☆西日本体重別3階級で優勝!!

<体重別優勝者>
65㌔未満級 古里侑城(経営4)

100㌔未満級 龍山和彦(経営4)

135㌔以上級 元林健治(経営2)


 優勝3人、準優勝2人、3位6人と今年も近畿大は強かった。5位、6位に入った選手等を含め13選手が全国への切符を掴んだ!

65キロ未満級決勝
古里侑城(近大)◯上手投げ✖️飯島琢臣(名古屋大)

DSC_8466
決勝で上手投げ優勝を決めた古里

65㌔未満級で優勝した古里は昨年優勝した75キロ未満級から階級を変えての優勝だ。軽量級ならではの戦術で相手とは組まずに、はたいて最後は上手投げで優勝を決める。「1つのミスがすぐ負けに繋がるので65キロ未満級の方が勝つのが難しい」と、階級変更の難しさを痛感しつつ「(優勝できて)ほっとした」と、安堵の表情を見せた。

100キロ未満級決勝 
龍山和彦(近大)◯寄り倒し✖️中井駿(近大)

龍山さん
100㌔未満級を制した龍山(右)

100㌔未満級で優勝した龍山は後輩の中井との近大対決だった。立ち合い直後に中井を寄り倒し優勝。先輩としての威厳を見せた。「後輩だったので勝ちたかった。自分が先輩なのでしっかり勝てて良かった、うれしいです」と、笑みを浮かべた。

135キロ以上級決勝
元林健治(近大)◯寄り倒し✖️橋本幸一(九情大)

DSC_8935
準決勝で近大の今を寄り切る優勝の元林

135㌔以上級で優勝した元林は落ち着いた相撲を見せた。決勝戦の立ち合いで回しを取られ押し込まれるも我慢の相撲を見せ、最後は寄り切りで勝利。優勝を決めた瞬間、「思わずでた」というガッツポーズを決め喜びをあらわにした。


昨年に続き好成績を残した近畿大だが満足はしていない。「取りこぼしている人もいたし、力的にはもう少し優勝できる人もいた」と、語るのは主将・中村壮希。自身も準決勝で敗れ満足した結果を残すことが出来なかった。
伊東監督は「頑張った人もいるけど、負けなくて良いところで負けている人もいる。体が小さいから基本に忠実にしていかないと全国では勝てない。夏の合宿で基本を鍛えたい」と、反省点を述べた。優勝3人の好成績にも満足しないストイックな近畿大相撲部の全国での活躍に期待だ!

DSC_9082
11人ものメンバーを表彰台に送り込んだ近大相撲部

<試合後のコメント>
☆伊東勝人監督「頑張った人もいるけど、負けなくて良いところで負けている人もいる。体が小さいから基本に忠実にしていかないと全国では勝てない。夏の合宿で基本を鍛えたい。(優勝した元林は)落ち着いていたが、もう少し攻撃的にいってほしい。全国でも上位に行く素質を持っている。」

☆中村主将「肩を痛めて稽古できていなかったので不安があったが痛みを言い訳にしない相撲は出来た。自分の形を徹底できなかったのでまだまだ。(全体では)取りこぼしている人もいたし、力的にはもう少し優勝できる人もいた」

◯古里「ほっとしたという気分と全国ではまだまだという、うれしさと反省がある。65㌔で出たいと思っているので優勝できて良かった。1つのミスがすぐ負けに繋がるので65㌔未満級の方が勝つのが難しい」

◯龍山「(調子は)いつも通りだった。後輩だったので勝ちたかった。自分が先輩なのでしっかり勝てて良かった、うれしいです。前まわしがしっかりできた。9月の全国に向けて良い相撲をとれた。この調子で夏にしっかり稽古して日本一を目指したい。」

◯元林「絶対に優勝するという気持ちでいた。立ち合いで回しをとられて我慢をしていたところ相手が動いてきたのでそこで攻めた。立ち合いで押し込まれたが我慢出来たところは手ごたえになった。全国で優勝したい」

<大会結果>
65㌔未満級
優勝 古里侑城(経営4)
75㌔未満級
6位 関口健太郎(経営1)
100㌔未満級
優勝 龍山和彦(経営4)
準優勝 中井駿(経営2)
115㌔未満級
準優勝 菅間勇介(経営4)
3位 中村竜太郎(経営4)
山下翔悟(経営3)
5位 谷岡倖志郎(経営1)
135㌔未満級
3位 肥後勇太(経営3)
135㌔以上級
優勝 元林健治(経営2)
3位 今成哲(経営4)
無差別級
3位 吉数馬(経営4)、中村壮希(経営4)