新着記事

空手道部
結果
2016.07.05

船橋真道が全日本大学初優勝! 気迫で西村拳を撃破し学生王者に!!

船橋真道が全日本大学初優勝! 気迫で西村拳を撃破し学生王者に!!
7月3日(日)
第60回全日本学生空手道選手権大会
@大阪市中央体育館

 

火花を散らす船橋と西村
船橋真道(経営3)対西村拳(経営3)の近大対決となった決勝戦は、両者一歩も譲らぬ熱戦となった



<男子組手決勝>
船橋真道3ー1西村拳
上段突き1ー0
    1ー1上段突き
中段突き2ー1
上段突き3ー1

 

《大会結果》
男子組手
優勝 船橋真道(経営3)
2位 西村 拳(経営3)
3位 石井颯人(経営2)

上段蹴りを決める石井
3位入賞を果たした石井の奮闘には、木島監督も賛辞を送った

女子組手
3位 斎藤綾夏(経営2)


吠える齋藤


不調ながらも3位入賞を果たした齋藤

女子形
3位 中川来望(経営3)*近大勢久々の表彰台

気迫を見せる中川
初の3位入賞を勝ち取った中川。近大から形の入賞者が出るのは15年ぶり

 

⭐︎船橋が気迫で近大対決制し初戴冠!!

前へ前へ気迫で攻めた。船橋真道(経営3)は、一切引かなかった。リードしても、突きで攻め続けた。西村拳(経営3)との決勝の同期対決を3対1で制し、そして吠えた。大学生になって初めての全国優勝、自然と白い歯がこぼれた。

「優勝の実感はまだわかない。みんなに祝福されて、すごいことをしたんだなと思いました。西村が決勝に来るのはわかっていたので、しっかり優勝できてよかった」

優勝の裏には、悔しい思いがあった。中学選抜、高校選抜、インハイで優勝するなど、空手エリートの道を歩んできた船橋。しかし、大学に入ると違った。1年時には脱臼癖のついた両肩を手術し、5か月のブランクを経験。さらに、2年時には同期の西村が全日本大学を制覇。高校時代、インハイのベスト8で勝った男に、大きな差をつけられた。リベンジを誓った今年。4月の関西学生では、決勝までたどり着けず、全日本学生にかける思いは強かった。

⭐︎泥臭い試合でも勝つことが大切

中段突きが勝敗を分けた。「勝負どころで中段突きをイメージしていた」。上段突きで先制したが、追いつかれ同点で残り10秒。西村が上段突きを狙ったところで、体が反応。懐に潜り込み、鋭く一突き。この一撃が優勝を引き寄せた。西村は前へ出たところで突きをもらい、ますます引くしかなくなった。船橋のペースに、西村がはまった。

終了間際。2対1とリードしても、船橋は引かなかった。時間稼ぎはせず、前へ出て、終了のブザーと同時に3点目の突きを打ち込んだ。前に出続け西村に攻撃のスキを与えず勝ちきった。

吠える船橋
西村を破り、初の全日本大学王者に輝いた船橋

「絶対、西村を倒して優勝します」。関西学生の後にそう語っていた船橋。まさに、有言実行だった。「意地で掴み取った。泥臭い試合でも勝つことが大切。これが自分の空手」。西村とは対照的に、船橋らしい気持ちの空手道で優勝をつかんだ。試合後に、二人は互いに握手を交わし健闘を讃えた。

突きを決める西村
西村は惜しくも連覇を逃したものの、準優勝で前年度王者の意地を見せた

大学空手道は西村一強ではない。「連覇目指して、伝説を残そうかな」と船橋。来年もう一度、船橋対西村の決勝戦が見たい。過去に近大で複数回優勝したのは3連覇の秋吉偉二コーチ、2連覇の松久功コーチだけ。この2人に続くのはどちらなのか、今から来年が楽しみだ。

 

【監督、コーチの談話】
◇木島明彦監督
「船橋は気迫で勝っていた。いつも言っている『気力は技術に勝る』の通り。1、2、3位を獲れた。インカレの団体戦につながる結果」

◇松久功コーチ
「船橋は気持ちが勝っていた。引き分けの判定を3回制して、決勝でも勝負の運を掴んでいた。長い間、同期の西村に置いていかれていたのでの、優勝してうれしかった」

【試合後のロッカールーム】
◯女子形3位の中川来望
「主務との両立でこの大会に挑んだので、当たって砕けろの精神でした。形自体はベスト8までの2つしか練習していなかったので、準決勝まで勝ち上がった時はうれしさで何も考えられなかったです。逆に準決勝で負けた時は、もっと形を練習していたら上へ行けたと感じたので、伸び代が見つかりました。今回の結果を来年に繋げられるように頑張りたいです」

◯女子組手3位の斎藤綾夏
「6月の世界学生の選考会で負けてから上手く行かなくて、自分の組手を見失った。反則勝ちとか、パッとした勝利は出来なかったけど、準決勝まで勝ちあがることができたのは気持ちをうまく保つことが出来たことと、周りの人のサポートのお陰です。優勝を狙っていたので、次の大会からは周りの人達への恩返しのためにも勝ちたい」

●男子組手2位の西村拳
「気負いすぎた。守りに入ってしまった。来年、僕が船橋を倒します」

●3回戦敗退の葭矢雄太主将
「個人としては負けて悔しいけど、後輩達が頑張ってくれた。船橋は特に頑張った。上位を近大が占めてくれたので、団体としてとても心強い。このチームで全日本優勝します」

 

集合写真
上位勢の大半を占めた近畿大空手道部。次は全日本団体男女アベックVだ