新着記事

陸上競技部
結果
2016.06.26

惜しくも7位!激戦の400m

惜しくも7位!激戦の400m
6月10~12日【陸上競技部】

2016日本学生個人陸上競技選手権大会

@BMWスタジアム平塚

 

2016学生個人 結果

 

全国から高いレベルの選手が集う学生個人選手権大会。例に漏れず、今大会も接戦が繰り広げられた。近畿大が出場した選手は6名。決勝に進んだのは高橋祐満(法3)。

レース後に思わずこぼれた苦笑い。高橋の決勝でのタイムは48秒13という高橋自身にとってショックな記録となった。「去年は7位だったので、今年こそは2,3位を狙っていたんですけど。レーンにも風にも恵まれなかったですね。」高橋は決勝、順調なスタートを見せたものの、最後の直線で向かい風に邪魔をされたか、スピードに乗ることができず、7位という結果になった。

「レース後(自身のタイムに)かなり凹みましたね…。でも今は吹っ切れてます。これからの大会で借りを返したいです」と決意を新たにした高橋。更なる記録に期待だ。

なお、1年生ながら同種目で高い標準記録を切り、大会に出場した河内光起(経営1)は予選で自己新記録となる47秒23を出し、1位で準決勝を決める。この記録は、全日本インカレB標準の記録でもある。準決勝では残念ながら7位に終わったが、全国でも戦えることを証明した。

高橋さん 2
7位入賞を果たした高橋