新着記事

日本拳法部
結果
2016.06.10

怪我の1年乗り越え優勝!

怪我の1年乗り越え優勝!


【日本拳法部】 6月5日
第24回春季日本拳法大阪府民大会(個人戦)
@ 大阪中央体育館サブ

 

【結果】

段外の部 優勝


笠松祐一(経済3)

3位入賞

田尾兼大(法3)

安原亮太(建築2)

 


 
笠松さん

技をかける笠松(写真右)

「初めての入賞が優勝になって良かったです」そう喜びを語ったのは主将の笠松祐一(経済3)。怪我で1年間競技ができず、練習を再開して半年での優勝だった。
準決勝では近畿大の田尾兼大(法3)との近畿大同士の対決となった。「お互い手を知っているので、深く踏み込んだら次なにやるかをわかるので、お互い後手後手にまわってしまって…」と笠松は苦笑い。準決勝は点が入ることなく2度の延長戦にもつれ込み、そこでも勝負はつかず判定勝ちとなった。「勝たなきゃ(準決勝で勝負した)田尾に悪いなと思って」と仲間への思いを口にした決勝戦。笠松は最初から主導権を譲ることなく、順調に攻め入り点を重ね2本先取での優勝を果たした。苦難を乗り越えた笠松のこれからの戦いに注目だ。【岡田春菜】

笠松さん 賞状jpg
段外の部で優勝した笠松