新着記事

相撲部
結果
2016.06.09

西日本 団体準優勝!個人は龍山が準V!

西日本 団体準優勝!個人は龍山が準V!
【相撲部】6月5日(日)
第90回記念 西日本学生相撲選手権大会
@堺市大浜公園相撲場

 

☆西日本 団体準優勝!
 個人は龍山が準V!中村が3位に!


 


【大会結果】
<1部団体リーグ戦>
準優勝
<個人戦>
準優勝 龍山和彦(経営4)
第3位 中村壮希(経営4)
ベスト8 元林健治(経営2)、菅間勇介(経営4)
ベスト16 宮野健人(経営4)
ベスト32 吉数馬(経営4)

☆逃した西日本での優勝。

個人戦で龍山が2位に、主将の中村が3位入りを果たした。
個人戦決勝、龍山は金沢学院大の中村と対戦。両選手とも身長166cmと、体格が似ているだけにやりにくい相手であることは互いにわかっていた。龍山は得 意の前みつで組もうと考えていたものの、立合い一瞬。中村は体をひらいて、勢いよくぶつかってきた龍山の背中を叩き土俵の外へ。変化に合わせられず、叩き 込みであっけなく敗れた。

団体リーグ戦2回戦では優勝した金沢学院大に黒星をつけられ、優勝にはあと一歩届かず準優勝という結果に終わった。今年4月、5月に行われた宇佐、宇和島、九州の全国大会では3位以上に入賞。西日本で優勝の可能性は十分あっただけに、悔しい結果となった。
昨年は、石橋、玉木、池川の角界入りトリオが団体戦メンバーとしてチームを支えた。今年は石橋ら主力メンバーが抜けたが、変わらず全国大会でも上位に食い込む勢いを見せている。
次に挑むのは7月3日の西日本選抜学生相撲大会。次こそは、西日本の頂点に立つ。【近大スポーツ編集部・山本弥生】

 

DSC_9886
団体戦メンバーとして準優勝に貢献し、個人では3位に入賞した中村主将(写真奥)

 

<龍山 個人準優勝までの道のり>

DSC_0093
個人戦・準決勝 素早く左でまわしを取り、上手出し投げで勝負を決めた(右)

 

DSC_0099
個人戦・決勝戦 まさかの変化についていけず叩きこみで敗れた(右)

〜おすもう一言〜
◯伊東勝人監督「団体優勝したかった。精神面がまだまだで、心の弱さが出ているので、もっとしっかりしてほしい。龍山の決勝は利口派同士で駆け引きもあったと思うが頑張った」
◯主将・中村「優勝したかったが、緊張と不安が強くて実力通りの相撲がとれなかった。技術だけでなく精神面を鍛えたい」
◯龍山「(個人準優勝という結果について)信じられない。びっくりです。決勝では、前みつを取って攻撃する、という自分の相撲がとれなかった。これから磨いて行きたい」

 

<次回大会予定>
7月3日(日)10:00〜
第76回西日本選抜学生相撲大会
@堺市大浜公園相撲場