新着記事

フライングディスク部
結果
2016.05.31

メン部門 5位で本戦へ

メン部門 5位で本戦へ

5月28日・29日
第41回全日本アルティメット選手権大会 関西・中四国地区予選 メン部門
@J-GREEN堺


DSC_7434



メン部門5位・近畿大

【リーグ戦】
第1試合 対神戸大学ビーフリー
○13-4


第2試合 対ヒルシュ(社会人チーム)
○13-5


第3試合 対トリガー(社会人チーム)
○10-5
⇒1~6位決定トーナメントへ


【トーナメント戦】

第1試合 対同志社大学マジック
●5-13


第2試合 対びわこ成蹊スポーツ大学レイカーズ
○10-8


⇒予選5位通過で本戦出場決定!


☆リーグ戦全勝!


全日本アルティメット選手権大会 関西・中四国地区予選1日目は、1位決勝トーナメント出場をかけたリーグ戦が行われ、全戦全勝で1位トーナメント出場を決めた。

「先輩が築き上げてきたマフィア(チーム名)の名に恥じないようにプレーしたい」。キャプテン・林野宰(経営3)の意気込み通り、神戸大学ビーフリーを13-4、ヒルシュ(社会人チーム)を13-5と大差で下した。
チームを纏めるキャプテン林野

チームを纏めるキャプテン林野

続くトリガー(社会人チーム)戦でも序盤から4連続得点を決めた近畿大。だが、7分間の攻防の後に1点を奪われた。すかさず畑内雄希(理工2)のアシストで大石雄基(文芸3)が得点するも、連続で4点を返され、同点に追い付かれた。


追い込まれた近畿大だが、チームはここから怒濤の巻き返しに出た。ガムシャラかつ粘り強いプレーで再び4連続得点。さらに大石が決勝点を決め、10-5で試合を制した。【伊森公香】
決勝点を決めた大石

決勝点を決めた大石

☆上位を目指して

2日目は本戦出場が決定した6チームによるトーナメント戦。本戦での組み合わせを良くするために、より上の順位で終わりたいところだ。

小菅仁也(経営2)の得点で先制するも、6連続失点を喫す。その後も相手の正確なパス回しと、思い切ったロングパスについていけず5-13でこのゲームを落とした。

5位決定戦では連続得点を取れば、連続失点をする展開。それでもエース大石が8アシスト、山下大貴(理工2)が7ゴールの活躍で最終試合を勝利で飾った。大石は大会通算19アシスト、12ゴールでスコアボードリーダーで2位にランクインした。

DSC_7401
得点に喜ぶ山下

DSC_7328
アボードリーダーで2位に輝いた大石

昨年の主力がいない中でも本戦出場を決めたことは大きな収穫といえそうだ。7月に静岡で行われる本戦に向け、男マフィアは鍛練を積む。【天野斗望紀】

試合後のコメント

林野「これまで全然試合で勝てていなくて、5位になれるとは思っていなかった。2回生が活躍してくれたのが大きい。チームとしてまだミスが多いので、そこを減らせばもっと上に行けると思う。本戦では社会人もたくさん出てくるので、1つでも多く勝ちたい。」