新着記事

フェンシング部
結果
2016.05.27

エペでV!リーグ総合準V!!

エペでV!リーグ総合準V!!



5月20日~21日

関西学生フェンシングリーグ戦エペリーグ

@愛知県知多市民体育館

 

☆エペでV!リーグ総合準V!!!


【結果】
リーグ総合成績 準優勝
・フルーレ 3位
・サーブル 5位
・エペ   優勝

エペリーグ 団体戦 優勝
1日目
近畿大◯45ー41●関大
近畿大◯45ー31●京大
近畿大●41ー45◯龍谷大
2日目
近畿大◯45―27●京産大
近畿大◯45―20●阪大

エペ新人戦
個人3位 山本晃太郎(法1)

<エペリーグ出場メンバー>
川淵哲也(法4)
吉田拳(法3)
新井悠希(理工3)
中村隼也(法2)

☆チームで勝ち取ったエペV!!!
エペ集合 加工

(左から)新人戦に出場した山本、高岡彰監督、エペメンバーの川淵、吉田、新井、中村

大差での勝利。リーグ戦で目標にしてきたことを最後のエペリーグで成し遂げた。フルーレ、サーブルと負け続けてきた強豪・京産大を45ー27で破って堂々のエペ1位獲得。
キャプテンとしてエペチームを支えた川淵は「今年は後輩も頑張ってくれたので、僕もエペだけは堂々としよう、と」と笑顔を浮かべた。「去年はエペでこけてしまって、フルーレとサーブルからうまく繋げなかったので」と昨年のリーグを反省して挑んだ今年。昨年はフルーレ準V、サーブルV、エペ3位と、リーグ最後に順位を落としてしまった。初めてリーグに出場した中村は「川淵さんをはじめ正規メンバーが強すぎ。こうなると思っていた 」と上級生に絶対的な信頼を寄せていた。メンバー同士の信頼関係が勝利の鍵となったのかもしれない。

川淵 加工
果敢に攻めに行ったエペキャプテン・川淵(右)側のランプが光る

新井 加工
腰を低く落として慎重に攻めた新井(右)

吉田 加工
京産大戦の4巡目。8点のポイント奪取でチームに貢献した吉田(左)

 

☆リーグ総合準優勝!「今出来る最大の結果」

一本のポイント差で総合優勝には届かなかったが、フルーレは3位、サーブルは5位と昨年より順位が落ちて反省しきりだったところから持ち直した。
末時主将は「毎年総合2位で終わるのは悔しいけど、今出来る最大の結果だった」と準優勝に安堵の表情を見せた。悲願の一部入れ替え戦に出場することは今年も叶わなかったが、収穫はある。エペリーグでキャプテン川淵を凌ぐ勢いでポイントを稼いだ吉田、新井の3年生コンビや、1日目にリーグ戦に初登場した中村ら下級生の活躍は好材料だ。リーグ戦での経験を関カレ、インカレへ繋げてほしい。

4年生は春リーグで事実上引退。秋の関カレやインカレへの出場は個々人の判断に委ねられている。末時主将は「残りの部活生活は、自身の試合のよりも後輩の指導に力を入れたい」と、後輩の育成を誓う。自身のフェンシング部での4年間は「後輩や監督、周りの人に支えられた4年間。社会に出ても活かしたい良い経験だった」と振り返った。

 

☆エペ新人戦で山本が3位に!!

エペ新人戦では山本晃太郎(法1)が3位に入賞。「関西規模の大会で3位になったのは初めて。地元の三重県の大会でしか成績を残したことがなかったので嬉しい」と興奮を抑えきれない様子で語った。

山本 加工
初の大舞台でも落ち着いて自分の陣地で戦った山本(左)

山本 喜び
 喜びを堪えきれない山本と称賛するチームメイト

【近大スポーツ編集部・山本弥生】