新着記事

バレーボール部
2016.05.16

逆転勝利で上位リーグ連勝!

逆転勝利で上位リーグ連勝!
2016年度関西大学バレーボール連盟男子春季リーグ戦@近畿大学記念会館

上位リーグ/第9戦/天理大

セットカウント

近畿大3-2天理大

25-23/19-25/18-25/25-20/15-7

第8戦で関学大を下し、この勢いそのままに天理大に勝利したい近畿大は、前日の試合同様1,2年生を中心としたメンバーで試合に挑んだ。第1セットで、接戦をものにし先取するも第2セット、第3セットでは序盤からミスが目立ち相手ペースで試合が進んでしまう。王手をかけられた近畿大であったが、ここから粘り強さを見せる。第4セットでは、序盤に見られたサーブミスや連携ミスもなく、このセットをものにし悪い流れを断ち切ると、光山監督が「第5セットまで行くと負けないと」語るように、終始近畿大ペースの試合運びでセットカウント3-2の逆転勝利。次戦の大阪産業大戦に向けて、弾みをつけた。【飯島久登】

試合後のコメント

光山監督「1、2年生のミスが目立ったが今年は将来性を見据えたチーム作りをしているので今は我慢するしかない」