新着記事

硬式野球部
結果
2016.05.15

投打に冴えわたり、近大今季初勝ち点1!

投打に冴えわたり、近大今季初勝ち点1!
本塁打を打ちチームに迎えられる小深田

5月14日

平成28年度関西学生野球連盟春季リーグ

7節 vs京都大学   2回戦

@甲子園
京大|000|000|000|=0

近大|002|001|02× |=5
京大0―5近大
勝利投手 岡田(1勝0敗)

敗戦投手 渡邉(0勝6敗)
【京大】平田、大山、松本、樋川、宇納―村山

【近大】岡田、倉田―川上
【本塁打】小深田(近大・3)

【三塁打】なし

【二塁打】岡田(近大・3)、吉田(近大・4)、松根(近大・4)

 

投手成績514
【7節通算成績】

2勝0敗

 

リーグ成績514

近畿大は昨日に続き京都大に0―5で勝利し、今季初の勝ち点を獲得した。

今季待ちに待った待望の勝ち点をもぎ取った近畿大。今日の勝利を呼び込んだ立役者は、投打で冴え渡った岡田(経営3)とリーグ戦初の本塁打を放った小深田だ。

今季初の先発登板となった岡田は、投げるほうでは左腕から繰り出される力強いボールで8回までに京都大打線を翻弄する。相手打線にチャンスを与えなかった岡田はキレのあるボールで2桁となる10個の三振を奪い完璧のピッチングで今日の登板を終えた。

打つ方では、2安打の活躍だった。中でも、先頭打者となった3回裏の場面では左中間を破る2塁打は自身のピッチングを助けるばかりで無く、次の打者の小深田(経営3)の2点本塁打を呼び込んだ。試合後、岡田は今日の試合を振り返り「今日は真っ直ぐが良かった」と自身のピッチングを振り返った。

投打に渡って活躍している岡田を援護したい打線は、繋がりを見せ今日は5点を獲得した。

今日、打線の口火を切ったのは3回裏に2点本塁打を放った小深田だ。本塁打を振り返り小深田は「自分のスイングをしっかりすることに心掛けている」そう答えた打席。左打席で小深田は力強いスイングでバットを振りきった。芯で捕らえたそのボールは右翼方向へ弧を描き、右翼ポール際へと吸い込まれていった。自身初のリーグ戦での本塁打だ。このホームランはチームに勢いをつけることができた。今季、中々繋がらなかった打線も息を吹き返し合計5得点を取ることに成功した。

投打共に噛み合い今季初の勝ち点をもぎ取った。

今節を振り返り田中監督は「どこであろうと負けられないチャレンジャー精神で勝たなければならない」と振り返った。

今節で掴んだ手応えを繋げて、残り2試合で、1つでも上の順位へとのしあがっていきたい。【進藤翔】

岡田 OK 加工済み

ピンチでも野手を安心させる岡田

小深田 ホームラン

甲子園で本塁打を放った小深田

試合後のコメント

田中監督

岡田は今季初先発で粘り強い投球をしてくれた。昨春も怪我をするまで2戦目を任せていた。元々力のある投手。今日は10奪三振とよく投げてくれた。どこであろうと負けられないチャレンジャー精神で勝ってリーグを盛り上げなければならない。

小深田選手

自分のスイングをしっかりすることを心掛けている。ホームランを打った球はストレートだった。

もう負けられないのでトーナメントのつもりで残り2試合戦いたい。

岡田投手

7回の時点で足がつった。今日の投球は80点くらい。今日は真っ直ぐが良かった。先に点を取ってくれたのでよかった。(小深田の)ホームランは大きかった。畠さんを温存できたのでよかった。(甲子園には)高校のころは行けなかったので勝ててよかった。

横水 儀飛

代打で出て犠飛を打つ横水(経営3)