新着記事

硬式野球部
結果
2016.05.08

首位・立命相手に8点差を追いつき価値ある引き分け

首位・立命相手に8点差を追いつき価値ある引き分け

サヨナラのピンチを三振で切り抜けガッツポーズをする畠

5月8日(日)



関西学生野球連盟春季リーグ6節VS立命館大2回戦



@ほっともっとフィールド神戸



近大|000|005|102|000|000-8



立命|213|020|000|000|000-8




近大8-8立命(延長15回)




【近大】横山、倉田、岡田―川上 伊波、畠―益田



【立命】渡邉、岡本、黒田、山上―山田



【本塁打】なし



【三塁打】堂(立命)



【二塁打】横水、小野(近大)、堂、佐々木2、早田(立命)




投手成績







1回戦から延長戦に突入する接戦を見せた近畿大がまたしても延長戦での試合となり延長15回の末、8-8で引き分けた。




先発の横山竜也(経営2)が立命館大打線に捕まった。2回までに5安打を浴び3失点。次の回に代打を出され横山は2回3失点で降板。救援の倉田翔梧(経営4)、岡田和馬(経営3)も立命館大打線を抑えきれず5回までに8失点を喫する。



DSC_6122

 打球の行方を見つめる横山




グラウンド整備の後、6回表に流れが変わる。吉田貴亮(経営4)の内野安打を口火に打者一巡の猛攻を見せ5得点。7回にも追加点を入れ2点差に追い上げる。その後9回二死一二塁と追いつめられた状況で4番・小野翼(経営2)が値千金の2点適時二塁打を放ち試合を振り出しに戻した。



DSC_6291

 同点のホームを踏んだ吉田とそれを喜ぶチームメイト



9回裏、8点差を振り出しに戻した近畿大はエース・畠世周(経営4)がマウンドに上がる。「負けられないから必死だった」と気迫のこもった投球を見せ15回までの7イニングを0に抑える熱投を見せた。




 勝利こそ出来なかったが、田中秀昌監督は「8点差を追いついたのは大きい、打線は上向き。明日に持っていってほしい」と第3戦での勝利を意気込んだ。この試合までは僅か7得点だった打線が8得点と爆発。上向き調子の打線の明日以降の活躍に期待だ。【川口享也】




試合後のコメント



畠「負けられないから必死だった。緩急を使い低めに投球することを心掛けた。」




田中監督「今日は打線が頑張った。(畠には)延長ならあると、準備させていた。なんとか畠には1勝をあげたいが勝負は厳しい。やっと打線と代打があたった。打線はこの調子を明日に持っていってほしい。」