新着記事

サッカー部
結果
2016.05.06

前田3試合連続ゴール、勝利ならず3試合勝ちなし

前田3試合連続ゴール、勝利ならず3試合勝ちなし
5月5日

2016年度 第94回関西学生サッカーリーグ(前期) 第5節 対阪南大

@ヤンマースタジアム長居

DSC_5792
近畿大スタメンイレブン

『近畿大スターティングメンバー』:

中前(64’,池藤)/横山・川浪・白岩・川村/丸岡(81’,藤井)・東・東森・国分/前田(75’,藤本)・粟飯原

『阪南大スターティングメンバー』:

黒木/田渕・甲斐・大野・新井/藤原・重廣・三田(59’,山口)・脇坂/外山(75’,松尾)・草野(89’,興津)

 

近畿大1―2阪南大

前半0―0

後半1-2

【得点者】

後半12分 前田(近畿大) アシスト:村川(近畿大)

後半15分 新井(阪南大)

後半24分 外山(阪南大) アシスト:田渕(阪南大)

 

<リーグ通算成績(前期)>

2勝1分2敗 勝点7 得失点差-1 現在6位

 

0-0のまま迎えた後半12分、ペナルティエリア内でスペースを狙う前田拓海(経営3)は村川亮太(経営4)からのクロスに頭で合わせ、先制ゴールを決める。しかし2分後、近畿大はペナルティエリア手前でファウルを取られると、フリーキックを直接決められ同点とされる。さらに9分後、右サイドで相手にシュートチャンスを与えると、これを決められリードを許す。その後、丸岡悟(経営1)や粟飯原尚平(経営2)に絶好のチャンスがあったが、二人共シュートを決めきれず、1-2で近畿大は敗れ、3試合勝利なしとなった。

DSC_59582
ヘディングで3試合連続の今季3点目を決める前田

「去年の分も今年でやってやろう」と昨シーズン足首を怪我し、7ヶ月間グランドを離れていた前田が貴重な先制点を決めた。先制点について「前は2対2で突っ込んで後ろに流れてしまうのが多かったが、あの時は中で待ってみようと思って我慢して、いいボールが来たので当てるだけだった」と語った。これで、3節の関西学院大戦と4節の関西大戦に続き、前田は3試合連続でゴールとなった。

DSC_59602
得点を決めた後、近畿大応援席へ走る前田

DSC_59702
先制点に盛り上がる近畿大

開幕戦から2連勝と好調なスタートを見せる近畿大はリーグ2位に至る時期もあったが、これで3試合勝利なしとなり、6位に順位を落とした。【王維宇】

DSC_60031
絶好のチャンスを逃す粟飯原

DSC_6012
怪我で交代られざるを得ないうなだれる中前

DSC_60482
「あの悔しさでまた泣くと思うけど、また成長してくれると期待する」と監督にチームの未来を託される13番・丸岡

 

試合後のコメント

松井監督

「先制して、ラッキーなところもあって、その得点後の5分以内に点を取られるのがすべての問題、まだ出来立てのチームなので、改善あるのみだと思います。3節は関学だし、4節の関大は去年も負けてる、今回の阪南も全国で優勝するようにチーム、当然縺れるというのもあるけど、接戦して最後はこうだよなと感じました。」

 

前田

「先制点を取れて、その後失点が早かったんで、あそこでちょっと落ちてしまった。次節は絶対ストップして、逆にこっちが勢いに乗れるように勝ちたいと思います。個人的には点を取り続けたいと他の部分でもチームに貢献できるようにしていきたいです。」