新着記事

バレーボール部
結果
2016.04.25

前半戦3位 目指すは春リーグ優勝!

前半戦3位 目指すは春リーグ優勝!
4月23・24日

2016年度関西バレーボール連盟男子春季リーグ戦

@立命館大学(茨木キャンパス)

@関西大学

 

第4戦甲南大

25-16/25-20/25-23

セットカウント3-0

第2、第3試合勝利し、このまま流れに乗りたい近畿大は第4試合の甲南大にもストレート勝ちを収めた。この試合、活躍を見せたのはゲームキャプテンの勝将哉(経営4)。「調子が良かった」と話したように、多くのスパイクを決めた。

第5戦龍谷大

25-22/18-25/25-17/23-25/7-15

セットカウント2-3

快勝を続けていた近畿大であったが、昨年度の秋季リーグの覇者である龍谷大との試合はそう甘くはなかった。1セット目は優位に進めたものの、2セットは調子を崩し最後はサーブミスで後味悪くセットを落とす。心配された3セット目は調子を戻し8点差をつけ、このまま行けるかと思われたが、第4セットは接戦の末龍谷大にあと一歩及ばなかった。そして第5セットもその悪い流れを断ち切れず、最後粘りを見せるも大差をつけられ敗戦。龍谷大の底力を見せられた試合となった。【岡田春菜】

#18
スパイクを決める川口喬(経営2)

龍谷大との試合後のコメント

#18 川口喬(経営2)「今回負けたのは素直に悔しいです。今回の試合で悪かったところを修正して次の京産大との試合に臨みたいです」

#20 小林空(経営2)「まだまだ決定力が足りないですね。前衛でスパイクをしっかり決められなかった。良い評価をつけれる点はサーブです。考えて、やりたいスパイクを打てるように練習します」