新着記事

アイスホッケー部
結果
2016.04.13

Spring Cup初戦 強豪相手に引き分け

Spring Cup初戦 強豪相手に引き分け
4月11日

2016年度 Spring Cup 対桃山学院大

@尼崎スポーツの森

近畿大 ― 桃山学院大

1P 1-0  岩成#7

2P 0-2  雑賀#88(桃山学院大)

3 P 1-0  濱部#59

計       2-2

 

Spring Cup初戦。強豪・桃山学院大に2-2で引き分けた。

第1ピリオド。格上のリーグに所属する桃山学院大を相手に、果敢に攻め入る近畿大。両者一歩も譲らぬ攻防のなか、開始5分30秒、エース・岩成亮汰(経済3)が先制した。

先制点を挙げた岩成
 先制点を挙げた岩成

1点を守り切った近畿大だったが、第2ピリオドから桃山学院大の猛追にあう。雑賀(桃山学院大)に2分間で2点を奪われ、逆転を許す。その後も体力のある相手に試合を優位に進められ、1-2で第2ピリオドを終えた。

流れを変えたのは、ポイントゲッター・濱部紘史(経済3)だ。第3ピリオド、GKと1対1の状況に持ち込んだ濱部がシュートを決め、同点に追いつく。この1点に勢いづいた近畿大。攻め続け、また守り切り、格上を相手に2―2で引き分けた。

得点を喜ぶ濱部と大西
得点を喜ぶ濱部(写真左)とキャプテン大西亮彦(理工4:写真右)

強豪との対戦に、大差をつけられることも覚悟していたという近畿大。しかし先制点を挙げ、同点に追いつき、幾度となく得点のチャンスを作った。次回の対戦は大阪大。進化し続ける彼らの、更なる成長に注目だ。【伊森公香】

 

試合後のコメント

大西「去年までなら気持ちを切らしてしまったような場面でも、いい雰囲気で乗り切ることができた。チーム作りの成果が出たのかな、と思う。課題も見つかったので、練習して改善していきたい。」

濱部「得意な状況に持ち込めたので、思い切り打つことができた。今年は4年生が少ないので、その分頑張りたい。」

岩成「きれいな形ではなかったけれど、出だしで点をとれてよかった。新入生も見に来る試合だから、ホッケーの魅力を伝えられるようにプレーする。」