新着記事

洋弓部
結果
2015.06.29

まさかの王座3位

まさかの王座3位
6月20日~21日 

第54回アーチェリー男子王座決定戦

@ヤマハリゾートつま恋多目的広場

雨粒が地面を叩き付ける中、洋弓部が悲願のアベック優勝に挑んだ。男子団体のメンバーは、尾崎寛人(経営4)、山本和樹(経営3)、鬼山直也(経営2)、杉尾知輝(経営2)。予選ラウンドを1位で終えた彼らは、1回戦をシードで通過。2回戦の信州大、3回戦の早稲田大を共に6-0で制し、順調に勝ち進んだ。

しかし、準決勝に魔の手が潜んでいた。慶応大を相手に、0-6とまさかの敗北。アベック優勝への夢は潰えた。

3位決定戦に回った近畿大。長崎国際大を5-1で制し、3位が確定した。

〝日本一のチーム〟である近畿大にとって、3位は満足できない結果。選手たちは「悔しい」と、険しい表情で会場を後にした。【伊森公香】

洋弓部 王座男子 2mb
3位となった男子団体メンバー

試合後のコメント

尾崎「しっかり目標を達成することができず、悔しかった。来年からまたスタート。アベック優勝に向けて頑張ってほしい。」

 

山本「応援してくれている方々に申し訳ない。近大がとるのは優勝しかない。来年こそアベック優勝したい。」

 

鬼山「(アベック優勝が)いかに難しいかを痛感した。練習を試合に生かしきれていないから、そこを克服しできる何かを見つけていきたい。」

 

杉尾「もっと決めるところで決められていたら、試合が変わっていたんじゃないかと思う。次は絶対優勝する。」