新着記事

硬式野球部
結果
2016.04.10

春リーグ開幕戦 勝利ならず・・・

春リーグ開幕戦 勝利ならず・・・
4月9日

平成28年度関西学生野球連盟春季リーグ 2節vs関西学院大

@ほっともっとフィールド神戸

 

近大|000|000|000|0

関学|100|000|30× |4

 

勝利投手 中内洸 (1勝1敗)
敗戦投手  畠  (0勝1敗)

(近大)畠、倉田、伊波-川上

(関学)中内洸、朝倉―仲川

[本塁打]大倉(関学)1号ソロ

[二塁打]畠(近大)

[盗]大倉(関学)

 

【投球成績】

畠   6回2/3 打者30 被安打7 三振4 死四球3 失点4

倉田 0回0/3 打者2   被安打2 三振0 死四球0 失点0

伊波 1回1/3 打者4    被安打0  三振1 死四球0  失点0
近畿大にとって春季リーグ開幕戦となった一戦。先発はプロ注目右腕のエース・畠世周(経営4)。スターティングメンバーに1年生が3人名を連ねるフレッシュな打線で昨秋に続き開幕戦勝利を狙うが、相手投手陣を打ち崩せず完封負けで、初戦を落とした。

近畿大は初回2死から、3番・竹村陸(経営1)、4番・谷川刀麻(経営1)の1年生コンビが二者連続安打でチャンスを作る。しかし、5番・宮本拓斗(経営3)が二ゴロに倒れ先制ならず。好機を活かせなかったその裏1死から、関西学院大2番・大倉にソロ本塁打を浴び先制を許す。畠は、以降、要所を締める粘りの投球を見せる。エースを援護したい近畿大は7回までに7安打を放ち得点機を作るもあと一打が出ず、得点を奪えない。粘りの投球を見せていた畠だが、7回裏に捕まる。安打と四球でピンチが広がり、2死一二塁で2番・大倉にセンターへの適時打を浴び、さらに、外野手が打球処理にもたつく間に一塁走者とバッターランナーが進塁し二三塁とピンチが続く。迎えた3番・姫野に2点適時打を浴びこの回3失点。6回2/3を4失点であえなくマウンドを降りる。畠の後をうけた倉田翔梧(経営4)も連打を浴び満塁となるが、この場面で救援した伊波友和(経営2)が後続をきっちりと抑え、これ以上の失点は防いだ。追いつきたい近畿大だがその後も得点を奪えず0―4で敗北。エースが先発したリーグ開幕戦を落とし、痛い敗戦となった。【川口享也】

 

試合後のコメント

田中秀昌監督「立ち上がりの1点が重かった。あと1本が出なかった」

畠「打たれた球は甘かった。阪神戦(オープン戦で対戦し1―0で勝利)でストレートに手応えを感じたが、今回の試合でその考えは甘かったと実感した。次回登板の時は丁寧に低めを意識するピッチングにしたい」

主将・松根優(経営4)「ヒットが出ていたがあと1本が出なかった。ここ一番での勝負強さが今後の課題。リーグ優勝をして最終的には日本一になることが目標」

DSC_0164
力投する畠世周(経営4)