新着記事

馬術部
結果
2016.03.25

三宅&ドン・ミラクル 怪我乗り越え優勝!

三宅&ドン・ミラクル 怪我乗り越え優勝!
3月12日〜13日

大阪府民馬術大会(小障害B飛越競技)

@杉谷馬事公苑

 

小障害B飛越(2)
リズム良く障害を飛び越えていくドン・ミラクルと三宅

三宅一生(理工4)とドン・ミラクルのコンビが表彰台で1位に輝いた。

昨年の同大会で試合中に足を故障したドン・ミラクル。一年間のリハビリを経て、迎えた復帰戦のこの日。

第1走目をノーミスでクリア。高さ90cmのバーを一本も落とすことなく走り終えた。スピード勝負の第2走目(決勝)では、スピードを出しつつも、安定感のある走りを見せた。

減点はなしで、走行タイムは53.02と、2位と3秒以上もの差を開けての優勝となった。

馬場馬術A2
慣れない試合に苦戦するアバンタージュと馬に指示を出す宮坂

馬場馬術A2競技では、宮坂智穂(文芸4)とアバンタージュの初コンビが10位に入賞。

試合途中、アバンタージュが時折跳ねる様子が見られたが、宮坂が絶妙のタイミングで鞭を打ってなだめた。【山本弥生】

 

試合後のコメント

三宅「ドン・ミラクルは練習通りの走りだった。障害と障害の間のテンポが難しいので、そこを完璧にしたい。」

宮坂「試合で、馬も自分も緊張していた。普段から練習をきっちりしたい。今回は勉強になったので、5月の関西学生大会に活かしたい。」