新着記事

水上競技部
結果
2016.03.07

一ノ瀬、リオパラ日本代表推薦選手に決定!!

一ノ瀬、リオパラ日本代表推薦選手に決定!!
3月6日

平成27年度春季静岡水泳記録会兼リオ・デ・ジャネイロパラリンピック派遣選手選考会

@静岡県富士水泳場

ガッツポーズ
応援団に向けてガッツポーズ

水のプリンセス・一ノ瀬メイ(経営1)が悲願のリオパラへの切符を掴んだ。大会を終え選考結果を待つこと2時間。連盟関係者からリオパラ推薦選手決定の知らせが届くと、一ノ瀬は鳴り止まない拍手の中で母のトシ美さんや山本貴司監督ら関係者一人ひとりと握手を交わし喜びを分かち合った。

本番に強い一ノ瀬がカムバックだ。一発勝負のパラ代表選考会。最も得意とする200m個人メドレーSM9で魅せた。鋭い泳ぎで大学に入って2秒65縮めた自己ベストをさらに4秒16縮める2分41秒35で日本新記録。世界選手権5位相当の派遣標準記録には0秒71届かなかったが、勝負強さを発揮した。派遣標準に迫るタイムを記録したとして、リオパラの推薦選手に決定した。

「ゴールタッチした時に決まったと思った」。一ノ瀬は電光掲示板に表示された自らのタイムを見つめ両手でガッツポーズ。水泳の強豪・近畿大水上競技部でこなす厳しい練習の成果が実を結んだ瞬間だった。

応援が一ノ瀬に力を与えた。地元・京都からバスでやってきた応援団に加え、水上競技部の仲間50人がサプライズで応援に駆けつけた。試合前にいつもの練習仲間と顔を合わせた一ノ瀬は思わず涙。昨年4月に入学してから大学とパラの試合が重なり応援したことも、されたこともなかった。初めて受けるワンパの応援を背に好記録を叩き出した。

ロンドンの代表を0秒31で逃してから4年。推薦決定に一ノ瀬の愛くるしい笑顔が弾けた。「9歳の時から夢で、ずっと支えてくれたお母さんとこの一年ずっとお世話になった人や友達、この瞬間を色んな人と共有できたことをうれしく思います」と、感謝を語った。

一ノ瀬は激動の1年を越えて今夏、派遣標準記録を女子で唯一突破した水の女王・成田真由美選手(横浜サクラスイミングスクール)らとリオパラに挑む。やっぱり、勝たなおもろない。

母とハグ
母トシ美さんと熱い抱擁を交わした

イエイ
グーサインで喜びを表現した

試合後のコメント

一ノ瀬「小さい頃から本番に強いと言われてきていたが、大学に入ってからそれが薄れてきてたので、本番に強い一ノ瀬メイがカムバックという感じで今日はよかった。練習では、きついことやってきたので、落ち着いて試合に望めてよかった。『リオに行くぞ』という思いで泳いでいた。ゴールした瞬間リオが見えた。本当に応援のおかげ。バッタ(個人メドレー最初の種目のバタフライ)の入りがいつも早いと、最後持たなかったが、最後まで持たせる練習をやってたので、今日は安心して最初からとばせた。」

 

山本貴司監督「本当に今できる最高のレースをしてくれた。努力してきたことを一発勝負のこの舞台でだせてよかった。一緒にトレーニングし、一緒に苦しい思いをして、やってきた仲間。その仲間のサプライズの応援はびっくりして勇気がもらえたとおもう。地元京都からの応援と合わせてえらいパワーでエールを送れたと思う。(ゴール直後の一ノ瀬のガッツポーズについて)あれがやり切った姿なんちゃうかなと思う。『よう頑張ったね、お疲れ』と声をかけたい。これからは、やってる以上、世界で戦える選手になって欲しい。やっぱりメダルとれる選手に育って欲しい。」

 

山本晴基コーチ「レース直前に『選手がたくさん応援に来てるから気持ちが上がるかもしれないけど、最後の最後は落ち着いてやろう』と声をかけた。レース中は、期待と不安が半々な感じの心境だった。(200m個人メドレーの4泳法)全部のラップが上がっている。一番の要因は、メイ自体の体力が上がったことと、ウエイトトレーニングをしてきて筋力的な部分も上がったこと。体つきがアスリートらしくなってきた。パラの選手が、大学の水泳部に混ざって練習するのは、男子の選手が女子と一緒にということはあったが、女子のパラの選手では初めてだと聞いている。新しいことにチャレンジして、仲間やチームの良さが分かったと思う。パラの中でも選択肢が広がると思う。これからは東京パラリンピックで金メダルを目指して欲しい。」
監督とコーチ

記者会見に臨む山本監督(左)と山本コーチ(右)

男子主将・竹田昇真(法3)「練習している姿を見てきて、いけるやろうと思っていた。チームの目標のインカレシード権獲得には、貢献できなけど、チームのためにいつも動いてくれる。来た甲斐があった。」

女子主将・冨井星河(法3)「(サプライズで応援に行くことは)1ヶ月前から計画していて、成功してよかった。初めて(一ノ瀬の)試合を見るので緊張していた。泣きそうだった。チームっていいものだと気付かせてくれた。(一ノ瀬の活躍に)とても刺激を受けている。(これからは)今まで通り楽しくやってほしい。」

応援団
サプライズで応援に駆け付けた応援団

母・トシ美さん「一緒に喜べてよかった。色々あった分だけ成長した。気持ちよく楽しくしっかり責任を果たして欲しい。ドラマチックなのでうるっときちゃった。」
 <関連動画>

リオパラ代表推薦選手に決定後の記者会見