新着記事

相撲部
2016.03.07

石橋、池川が新弟子検査合格!!

石橋、池川が新弟子検査合格!!
新弟子検査1

 

 

 

 

 

 

3月5日

大相撲新弟子検査

@大阪警察病院

 

三月場所の新弟子検査が5日、大阪警察病院で行われ近大相撲部の石橋広暉と池川勇気が合格し、晴れて力士となった。石橋は三段目付け出し制度初の力士と なった。2人は大阪場所の2日目(3月14日)に初土俵を踏む予定。今回の新弟子検査は昨年より3人多い46人が受検。その中でも石橋と池川の体の大きさ は別格だった。

 

新弟子検査3
石橋広暉 身長189cm 体重158kg

 

新弟子検査2
 池川  身長192cm 体重162kg

 


【石橋囲み取材全文】
「早く関取になりたい。同じ三段目付け出し格の小柳(東農大)に勝たないと優勝はないと思ってる。今場所、三段目優勝を狙いたい。小柳とは大学では1勝2 敗で負けているので、プロでは絶対に勝ちたい。場所まであと1週間しっかり稽古して体重も徐々に増やしていきたい。集中してしっかりやっていきたい。高校 の時にプロを意識し始めて、大学では2年からレギュラーとして出れて、徐々に勝てない相手にも勝てるようになったので、プロに行こうと思った。大学で活躍してプロに入って注目されるようになった。もっと注目されて期待に応えられる選手になりたい。夢は横綱っすね。横綱になるには厳しいと思うんでしっかりやりたい。大学の時から右四つで、親方から右四つをもっと磨いたら勝てるようになると言われている。プロとアマでは立ち合いが違って、プロの立ち合いは駆け引きだと思っている。目標とする力士は現役では白鵬関、引退した力士では親方である朝潮関です。親方は攻撃的な相撲なのでそこを見習いたい。大学の時、何回か親方の相撲を見ていた。親方に稽古場で見てもらっているので期待に応えられるようにしたい。来年の春には関取になりたい。」

【池川囲み取材全文】
「やっと今日からお相撲さん。とりあえず石橋に追いついて、十両、幕内を目指してやっていきたい。2年で十両に上がりたい。基礎を鍛え直して、兄弟子の (中村)大輝さんに鍛えてもらいたい。前相撲からやるのは与えられた試練なのかなと思っている。雑用からやった方がいいと思う。前相撲からのスタートでよかったと言えるように頑張りたい。」

 

【キンスポ記者の目から】
大勢のほかの新弟子検査を受けに来た人たちと並んでいる姿を見ると、感慨深いものを感じました。合格すれば、晴れて本当にプロのお相撲さんになるのだなあと思うと、嬉しいような、寂しいような感じがしました。それでも近大タオルで汗をぬぐう池川さんを見ると、プロに行っても近大グッズを使ってくれているんだ!と感動しました。たくさんの報道陣に囲まれても堂々としている着物姿の石橋さんを見ると、大学生の頃よりもまた一味貫禄が出てきたことをひしひしと感 じました。春場所2日目の前相撲は観に行かせて頂く予定です。【山本弥生】