新着記事

洋弓部
2016.02.29

インカレ室内 近大女子が表彰台独占!!

インカレ室内 近大女子が表彰台独占!!
2月26日~27日

第16回全日本学生室内アーチェリー個人選手権大会
@岸和田総合体育館

DSC_5971
女子リカーブで優勝した久原千夏

 近大アー娘。が表彰台を独占だ。杉本智美(経営4)を世界学生の派遣で欠く中、優勝の久原千夏(経営4)を筆頭に古田悠(経営3)、宮木芙美代(経営2)、荒木愛(経営2)と近大勢が続いた。
 「去年、決勝で負けてリベンジが出来て良かった」。優勝した久原はホッと肩をなで下ろした。ベスト4に残った近大の選手の中で1番学年が上。負けられない理由が揃っていた。古田が中盤に10点を連発したが、久原は「相手の事は考えないようにした」と、動じず7―2で初優勝を飾った。
 7位、2位、優勝と3年間で順位を上げた久原に山田秀明監督は「部員の中でも良く練習していて成果が出ている」と教え子の成長に目を細めた。決勝で涙をのんだ古田は「ただ悔しい。4月の世界学生の選考に向けて頑張りたいと」と前を向いた。
 男子は3位決定戦が村上龍之介(経営2)と古賀翔汰(経営2)の近大対決となり、村上が6―0で古賀に勝ち3位に入った。リオ五輪を目指す鬼山直也(経営3)は準々決勝のシュートオフで古賀に敗れた。男子コンパウンドの神省吾(経営4)は、予選で579点の大会記録を出すも決勝で敗れ2位だった。

DSC_5810
準決勝では近大女子が一列に並び争った(左から久原、荒木、宮木、古田)

DSC_5787
鬼山は準決勝でシュートオフ、10分の競技の末わずかな差で古賀に敗れた