新着記事

トライアスロン部
結果
2015.06.22

近畿学生団体2位!インカレへ4人出場決定!

近畿学生団体2位!インカレへ4人出場決定!
6月21日

近畿学生トライアスロン選手権

愛知県蒲郡市

雨が降りしきる悪条件の中行われた近畿学生選手権。関西地区の大学で上位24位以内に入れば全日本学生選手権(通称:インカレ)への出場が決まる中、樋口周作(総合社会3)が5位、森下陸朗(理工3)が9位、今村栞路(建築3)が13位、山崎拓冬(理工2)が19位となり、インカレ出場権を獲得した。また、各校上位3名の総合タイムで争う団体の部では昨年と同じく2位となった。

トライ
前の集団を追う樋口

 

樋口はスイムで出遅れてしまうも、バイクで追い上げをみせる。そして、得意のランで順位をあげ昨年より1つ順位を上回る5位でフィニッシュした。インカレでは、「同志社に勝ちたい」と、今大会上位を独占され、悔しい思いをさせられたライバルへの雪辱を誓った。【桐村真弘】

 

試合後のコメント

樋口「去年6位だったので1つ上がったのは良かったけど、3位以内を目指していたので悔しい。インカレに向けて全体的に練習したい。」

森下「目標としていた10位以内に入ることができて良かった。得意のスイムが迷子になったり、体が硬くなったり良くなかった。バイクとランはいつもより良かった。インカレでは最高の結果を残したい。」

今村「予選を突破するために安全を重視した。インカレでは樋口と森下に勝ちたい。」

山崎「スイムが思った以上にタイムが良かった。最後のランは順位は気にせずとにかく走ることに集中した。インカレはいつも通り全力でやりたい。」