新着記事

卓球部
結果
2015.06.19

関西選手権堂々の1位

関西選手権堂々の1位
5月30日~31日

関西学生卓球選手権大会

@宝塚市立スポーツセンター

IMG_20150618_221142
優勝した白根・三枝ペア

関西で1年間背負う順位を決めるための重要な舞台。白根亮太(経営2)、三枝晃記(法1)がダブルスで優勝を手にした。

互いに息の合ったプレーで快調に勝ち進み、準決勝では相手を一歩も寄せ付けない試合展開を見せ、3―1で決勝戦へ進んだ。勢いに乗ったまま勝利するかと思われた決勝戦は、苦戦を強いられることになった。相手は関西の王者・立命館大の矢城智宏・皆川朝ペア。序盤は相手の巧みな攻めに押され、試合の主導権を握られてしまう。ゲームカウント0-2まで追い込まれた。しかし、3ゲーム目、カウント0-4で使ったタイムアウトから流れは変わる。1ゲームを取り返すと、勢いに乗って残る2ゲームを連取。劣勢から大逆転しての優勝を掴み取った。

ダブルスは、互いを信じ合い、息を合わせて戦うことが勝利へと繋がる。白根が先輩として三枝に声を掛け続け、三枝は強気なプレーで白根に応えた。それが今回の優勝へと導いたのだろう。【酒巻優太】

 

試合後のコメント

白根「優勝できてびっくり。自分達の力を信じてプレーした。」

三枝「白根先輩が支えてくれた。絶対逆転できると強い気持ちで戦えた。」