新着記事

硬式庭球部
2015.11.06

圧巻の入替戦 次に繋がる1部残留

圧巻の入替戦 次に繋がる1部残留
10月4日

関西大学対抗テニスリーグ戦

@江坂テニスセンター

 

「5勝して終わらせます」。1部校として負けられない一戦を宣言通り、1敗もすることなく終結させた。

ダブルスでは谷口暢基(経営4)・高橋克典(経営4)ペアがプレッシャーからか第1セットを落としてしまうが、第2セットから立て直し、難なく相手を退けた。リーグ戦中、安定しなかったダブルスの試合も絶対に負けられないという思いから全勝。シングルスへ繋ぐ。シングルスでは、今リーグ戦で調子がよいルーキー・小野和哉(経営1)が相手に1ゲームも与える事無く勝利。最後は同じく好調で勝率の高かった豊島一樹(経営2)が勝って試合終了。

チーム1人1人の技術は非常に高い。しかし、ここぞという時にミスが目立った。来年は高木智(経営3)率いる新たな近畿大がさらに技術面を、そして精神面を強化して王座を目指していく。【酒巻優太】

 

試合結果

D(ダブルス)3 保々、西川 vs 安藤・中川 6-4、6―1○

D2 谷口暢基・矢ノ川 vs 関井・柿本 4-6、6-1、6―4○

D1 重山・高木 vs 中村・仁坂 6-1、6-4○

S(シングルス)6 小川 vs 柿本 5-2打ち切り

S5 小野 vs 森 6-0、6-0○

S4 谷口僚基 vs 仁坂 4-6、6―3、1―0打ち切り

S3 豊嶋 vs 徳光 6-4、6-3○

S2 高橋 vs 安藤

S1 西川 vs 本多

5-0

 

試合後のコメント

主将・谷口暢基「来年は新1年でいい子が入る。近大は戦力はそのまま落ちずに王座戦えると思う。」

新主将・高木「来年のリーグ戦までに4-5を5-4で勝てるチーム力をつける。」