新着記事

硬式庭球部
結果
2015.11.06

貴重な1勝 第5戦 惜しくも敗戦で入替戦へ

貴重な1勝 第5戦 惜しくも敗戦で入替戦へ
9月15日

関西大学対抗テニスリーグ戦

@江坂テニスセンター

 

雨での延期が続いたリーグ戦。ついに最終戦の日が来た。勝って1・2部の入替戦へ回る可能性を減らしたい近畿大の挑む相手は同志社大。関西大に次いで勢いに乗る相手にどのように立ち回れるのか。

ダブルスでは重山裕紀(経営4)・高木智(経営3)ペアが勢いそのままに安定の勝利。しかし、残りのダブルスを落としてしまい近畿大が劣勢のままシングルスへ。シングルスでは小野和哉(経営1)が相手を寄せ付けぬ攻撃的なプレーで勝利。リーグ戦ではやや不調かと思われた谷口僚基(経営4)もまた、第1セット落とすも逆転勝利。同志社大に肩を並べる。しかし、最終的には好調の同志社大に総合結果4-5で敗北。最終結果は5位に終わり、入替戦が決定した。

1勝の重み。全ての試合であと1勝していれば王座へ行けたかもしれない。【酒巻優太】

 

試合結果

D(ダブルス)3 保々・長谷川 vs 増尾・飯島 6-7、3―6●

D2 谷口暢基・高橋 vs 石山・前川 3-6、3-6●

D1 重山・高木 vs 諌山・井筒 6-3、6-3○

S(シングルス)6 小野 vs 前川 6-2、6-2○

S5 谷口僚基 vs 佐伯 3-6、6-2、6-0○

S4 豊嶋 vs 飯島 6-3、7―6○

S3 高橋 vs 井筒 3-6、7-6、2-6●

S2 西川 vs 増尾 3-6、3―6●

S1 高木 vs 石島 6-2、3-6、3-6○

 

試合後のコメント

主将・谷口暢基「5位という結果、情けない。入替戦は必ず勝ちます。」

DSC_3983
力いっぱいスマッシュを放つ重山

DSC_4008
リターンする谷口暢基

 DSC_4552
相手を圧倒する小野

DSC_4761 
必死に耐える谷口僚基

DSC_4602 
中盤、足に痛みを抱えながらも力強いプレーを見せた高橋