新着記事

硬式庭球部
結果
2015.11.05

第4戦 運命の決戦 まさかの敗戦

第4戦 運命の決戦 まさかの敗戦
9月14日

関西大学対抗テニスリーグ戦

@江坂テニスセンター

 

第4戦。甲南大戦はまさかの敗北を喫してしまった。

ダブルスでは谷口暢基(経営4)が同学年の高橋克典(経営4)とペアを組み試合に臨む。高橋の持久力、そして谷口の得意とするボレーがうまく決まり相手を圧倒した。勝負を決定付けるシングルスでは、今まで好調であった豊島一樹(経営2)が惜しくも負けてしまう。最終的な結果は高木智(経営3)に託された。第1セット、相手にペースを持っていかれ2-6で落としてしまうも、第2セットは耐えて7-6で巻き返す。だが、勝負が決まる第3セットでミスが目立ち1-6で敗北した。

この試合の結果で王座への道が途絶えてしまった。【酒巻優太】

 

試合結果

D(ダブルス)3 谷口暢基・高橋 vs 岡田・稗島 6-2、6―3○

D2 西川・矢ノ川 vs 前田・中条 3-6、1-6●

D1 重山・高木 vs 高島・石宇 6-2、6-2○

S(シングルス)6 小野 vs 森 6-4、6-4○

S5 谷口僚基 vs 高島 7-6、6-7、1-6●

S4 豊嶋 vs 吉田 4-6、6―7●

S3 高橋 vs 古村 6-4、6-3○

S2 西川 vs 中条 3-6、0―6●

S1 高木 vs 前田 2-6、7-6、1-6●

 

試合後のコメント

主将・谷口暢基「積み上げてきたものはなんだったんだろうって。まだ気持ちの整理がつかない。」

DSC_8646
追い込まれるも最後まで全力で試合に挑む高木