新着記事

硬式野球部
結果
2015.10.21

畠、今季4度目の完封劇で京大に完勝!

畠、今季4度目の完封劇で京大に完勝!
10月20日

平成27年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦 7節 vs京都大 1回戦
@南港中央球場

 

近大|000|100|022|5
京大|000|000|000|0

(近大)畠-山野
(京大)大山、岩本、平田、樋川-奥山
[二塁打]畠、谷村(近大)

 

白熱の秋季リーグ戦も近畿大は残すところあと1節。5季連続で優勝を逃すことが決定しているが、一つでも上の順位を目指し挑んだ京都大との1回戦を5-0で先勝した。

両校無得点のまま迎えた4回表。四球と安打などで2死二、三塁のチャンスを作ると、8番・松根優(経営3)が右前適時打を放ち先制。さらに、二塁走者の宮本拓斗(経営2)が決死の走塁で本塁に滑り込むも、わずかに及ばず本塁死。この回は1点に留まる。

松根
        先制タイムリーの松根

1点リードで迎えた8回表には、安打と3つの盗塁で無死二、三塁とすると、守備から途中出場の4番・木村達也(経営3)が左前2点適時打を放ち追加点を挙げる。

木村
       貴重な追加点を挙げた木村

さらに、9回表に、守備から途中出場の2番・谷村真(経営4)のダメ押しとなる左翼線を破る2点適時二塁打が飛び出し5-0と完勝。

 

谷村
         ダメ押しタイムリーの谷村

先発の畠世周(経営3)は、前半こそピンチを招いたが、後半は修正し6回以降を無安打に抑え京都大打線を0封。今季4つ目となる完封で6勝目を挙げた。【桐村真弘】

 

試合後のコメント

田中秀昌監督「畠は前半、ストライクとボールがはっきりしていて、いかれるかと思ったからマウンドにも行った。後半は修正してくれた。春と違って粘り強くなった。精神的に成長していると思うが、(今季の優勝を決めている)立命戦では粘れなかった。来年は大事な試合で粘れるようになってほしい。」

畠「前半制球に苦しんだが、ちょっとずつ修正して後半は良くなった。(具体的には)プレートに立つ位置を右からファースト側に変えた。(今季6勝という数字に関しては)想像出来なかったが、目標にしていた数字でもあった。主戦で投げていて、優勝するには5・6勝しないといけないと思っていた。春と比べ、間が取れるようになり、良くなっているが、大事な試合で勝てなかった時は、それができていなかった。成長出来ていないと思った。今季で出てきた課題の、調子の波があること、大事な試合で勝つことを自分の意識を変えて克服していきたい。野球をするからには、上(プロ)を目指している。来年の今頃ドラフトにかかるような選手になりたい。」