新着記事

ハンドボール部
結果
2015.10.06

インカレ出場権獲得! いざ函館へ

インカレ出場権獲得! いざ函館へ
10月3日

平成27年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦 男子1部

@関西福祉大学

 

勝てば1部残留&インカレ出場権獲得。引き分け以下ならば入れ替え戦突入&インカレ出場を逃すという究極の状況となった最終戦。すでに残留とインカレ出場を決めていた同志社大と対戦し、28-25で勝利をおさめた。よってリーグ通算3勝4敗の5位となり、1枠しかない学連推薦枠でのインカレ出場が決まった。

 

先週の大阪経済大戦に勝利し、他力ながらも目標であるインカレ出場の可能性を残していた。さらに、同志社戦の前に行われた試合で、出場枠を争う京都産業大が敗れたため回ってきた大チャンスを逃すわけにはいかなかった。

前半はやや近畿大優勢のペースで試合は進んだ。インカレ出場へ向け、得点を挙げるごとに控え選手からも、大きな声が上がるなどチームは一つになっていた。

 

後半、黒川拓留(法2)の得点などで一時5点差をつける。しかし、同志社大からサイドを攻められ、連続失点を喫する。相手のペースになりかけたが、速攻から國方悠平(法2)のシュートが決まり流れを渡さない。さらにキャプテン中山聖(法4)のドリブルシュートが決まり、ムードは最高潮に。その後は、岡田望(法4)の完璧なシュートブロックなどもあり逃げ切った。
DSC_8504 2

                     要所で得点を決めた黒川

  DSC_8561 2     

    きれいな速攻を決めた國方

3年連続のインカレ出場を決め選手たちも安堵の表情を見せた。来月のインカレの舞台は北海道・函館。4年生の選手やマネージャーと過ごせるのもあと1ヶ月。北の大地で集大成を見せる。【天野斗望紀】
 DSC_8617 2

      目標だった函館へ、期待は膨らむ

試合後のコメント

今田憲宏監督「よくがんばった。モチベーション高く、雰囲気良くゲームができていた。」

岡田「3年連続インカレ出場が決まってよかった。盛り上げたことが勝ちにつながったと思います。」

吉本知暉(法1)「チームが苦しい時に、4年生が点を取って、守って助けてくれた。インカレでも少しでもチームの力になりたいです。」

道上祐馬(法4)「僕がベンチを温めて雰囲気を良くしていました。勝ちへの執着心がものすごくありました。」

谷本圭三(法3)「インカレのことは意識しすぎずに、試合を楽しみました。関東に勝てるようにしたいです。」

中山「インカレ出場が決まって素直に嬉しかったです。(インカレで)ひとつでも多くの試合ができるように、一つ一つ勝っていきます。」