新着記事

フライングディスク部
結果
2015.09.30

メダルに届かず 惜しくも全国4位

メダルに届かず 惜しくも全国4位
9月19日・20日

 第26回全日本大学アルティメット選手権大会 ウィメン部門

 @富士川緑地公園

 

梅﨑 香澄(総合社会4)72
ディスクに飛び込む梅﨑香澄(総合社会4)

 

9月初めに行われた関西・中国四国地区予選で苦戦し、本戦出場ボーダーラインの3位で通過した女子チーム。その悔しさが彼女たちの闘志をかき立てた。

今大会は1日目の予選リーグ、2日目の2次リーグを経て優勝が決まる。予選リーグは4チームに分かれての総当たり戦だ。2次リーグではトーナメント戦で順位が確定する。日本一になるためには予選リーグを1位または2位で通過し、優勝を賭けたトーナメントに出場しなければならない。

大会1日目から、彼女たちは波に乗っていた。1戦目の國學院大戦では、劣性から3連続得点し7-5で逆転勝利。続く2戦も大差で制し、1位で予選リーグを通過。近畿大の強さを存分に見せつけた。

2日目になっても、彼女たちの勢いは止まらない。村上真美(総合社会4)が5得点を決め、上智大に11-8で勝利。チームは歓喜に沸いたが、準決勝で大きな壁が立ちはだかった。前回大会王者の日体大を相手に奮闘するも10-5で敗北を喫し、優勝の夢が潰えた。

しかし、ここで立ち止まってはいられない。3位決定戦は、大体大との因縁の対決だ。関西・中国四国地区では、〝大体大1位、近畿大2位〟が定番の構図。これを覆すチャンスが巡ってきたが、開始7分での3連続失点が響き、4-7で敗戦。4位が決定した。

 

終了直後
7点目を取られ試合終了

 

今大会をもって、4年生は引退となる。彼女たちが残した優勝への夢は、後輩たちがきっと叶えてくれることだろう。【伊森公香】

 

試合後のコメント

村上「気持ちいい。すがすがしい。やりきった。」

杉木沙耶香(法4)「朝練や早起きはしんどかったけれど、4年間続けて、このチームで引退できて本当に良かったです。」

山本章絵(法4)「最後は悔しい結果だったけれど、このメンバーだからやってくることが出来ました。」

梅﨑「(アルティメットは)なんとなく始めたスポーツで、ケガが多くて大変でしたが、去年試合に負けて悔しい思いをしたのでチームに残りました。4年間続けて良かったです。」

金井莉摘(法4)「あっという間の4年間でした。入部当初よりも部員数が増え、上を目指せるようになったので、後輩たちにはもっと上を目指して頑張ってほしいです。」

小畑有紀(法4)「(マネージャーとして)選手から貰う〝ありがとう〟が、いままで支えてくれました。マネージャーの人数が減って大変ですが、後輩たちは選手を支え続けてあげてほしいです。」