新着記事

相撲部
結果
2019.06.03

1年生の大学デビュー戦

1年生の大学デビュー戦
1年生全員で近大ポーズ


【相撲部】
5月11日(日)
第69回西日本学生相撲新人選手権大会

@堺市大浜公園相撲場


この大会が1年生にとって大学デビュー戦となる大会。歴代の先輩が個人戦、団体戦で連覇を成し遂げているこの大会。


個人トーナメント戦結果


1位 藤澤詩音(経営1)
2位 津田鷹秀(経営1)
3位 小原潤  (経営1)


個人戦では藤澤の優勝により近畿大は5連覇を達成した。藤澤は決勝戦の近畿大対決を制して大学初タイトルを獲得した。


団体リーグ戦結果


近畿大3-0九情大
近畿大3-0朝日大
近畿大2-1同志社
近畿大3-0愛学大
近畿大3-0龍谷大
近畿大3-0関西大


団体戦では全戦全勝で優勝した。近畿大は見事団体戦10連覇を達成した。この結果に1年生は試合前には大会連覇のプレッシャーからか緊張した面持ちだったが、試合後には安心しつつも喜びに満ちた表情だった。1年生にとって今回の大会はこれから4年間戦う大学相撲の良いスタートとなっただろう。これからの彼らの活躍に目が離せない。【田渕汐未】



選手コメント


藤澤
「最初は緊張感があったので自分の相撲を取るのを心掛けた。(次第に緊張がほぐれ)いつも通り自分の相撲が取れたからよかった。団体戦、個人戦の連覇を止めないようにというプレッシャーもあった。今後はもっと体重を増やして近大のメンバーに入りたい」
藤澤










個人戦優勝の藤澤


津田
「1回戦は緊張していたが2回戦以降は緊張が取れて練習よりも体が動いていつもよりもいい相撲が取れていたと思う。歴代の先輩たちが優勝しており自分たちも(団体戦、個人戦ともに)優勝したいという気持ちは強かった。今後はレギュラーになって試合に出たい」

津田










個人戦準優勝の津田


小原
「緊張があったが2回戦以降は緊張がほぐれて自分の相撲が取れた。でも今日の目標は1つでも多く勝つことだったから3位になると思っていなくてまだ稽古が足りてないと思った。歴代の先輩たちが(団体戦、個人戦ともに)優勝しているから自分たちも勝たなくてはいけない、負けたくないと思っていた。今後はもっと稽古に一生懸命取り組んでレギュラーに入りたいと思う」

小原










個人戦3位の小原