新着記事

相撲部
結果
2018.12.04

谷岡がベスト16に入賞!!

谷岡がベスト16に入賞!!
ベスト16に入賞した谷岡

【相撲部】

第67回全日本相撲選手権大会

@両国国技館

 

今年最後の公式戦、天皇杯が両国国技館にて行われ、山口怜央(経営2)、神﨑大河(経営1)がベスト32となり、谷岡倖志郎(経営3)がベスト16という結果となった。

〇予選無敗で決勝Tへ
谷岡は予選1回戦、深井(東洋大)との同級生対決となった。1度は突き放されるも、左手でしっかり相手の廻しを掴み、送り倒した。2回戦は日本大の宮崎。2年生ながら今年のインカレで3位と大躍進した。立ち合いから相手を押すが、なかなか土俵を割らない。しかし、相手が一瞬体勢を崩した瞬間、叩きこんで勝利。強敵続きの相手にさらに追い討ちをかけるかのように、3回戦は社会人強豪・和歌山県庁の片村。お互い引けをとらない突き合いだったが、その中でも上手く相手を突き落とした。

谷岡2
相手を力強く押す谷岡

〇勝ち急いでしまった

予選3勝無敗で決勝トーナメントへ進出。決勝トーナメント1回戦の相手は日本大の榎波だ。ここは谷岡の得意な投げ技で豪快な上手投げを決めた。続く2回戦は三重県の宮下と対戦。宮下は今年の国体個人2位である。立ち合いで廻しを取ったが、反撃する余地もなくそのまま土俵の外へと突き落とされた。ベスト16という結果に対して谷岡は「いつもベスト16で負けることが多いので勝ち急いで負けてしまった」と分析した。

谷岡3
これからもチームの中心選手として戦っていく

来年度からは最上級生。チームの中心選手となって戦っていく谷岡にはその自覚が芽生えていた。「4年生として自分のことだけを考えて行動する学年ではないと思うので、しっかり部員全体を見て、チームワークを高めるために最後の1年やりきりたいと思う」。今年成し遂げられなかったインカレ団体優勝へ。ミラクルベアーズは新たなスタートを切った。【久保遥菜】