新着記事

相撲部
結果
2018.11.07

全国の舞台で大健闘、インカレ団体3位!

全国の舞台で大健闘、インカレ団体3位!
団体3位に輝いた近大相撲部

【相撲部】

11月3日(土)、4日(日)

第96回全国学生相撲選手権大会

@両国国技館


 相撲の聖地、東京・両国国技館で行われた全国学生相撲選手権大会で、個人戦では谷岡倖志郎(経営3)と渡辺拓(経営2)がベスト16、団体戦では3位という成績を収めた。


★流れを変えた新星
予選1、2回戦ともに5ー0と、完全勝利で迎えた3回戦の相手は、同じくここまで無敗の中央大。
先鋒・元林健治(経営4)は立ち合い、勢いよくぶつかっていくが、下から突き上げてのど輪を差してくる相手に手が出せず、土俵際まで追い込まれ押し倒される。二陣・長内孝樹(経営2)で先鋒の敗けを巻き返したいところであったが、押し出されて0ー2。負ければ中央大に軍配があがるというところで、本来中堅であった山口怜央(経営2)が剥離骨折のため辞退。代わりに中堅に入った神﨑大河(経営1)がここで魅せた。相手は昨日学生横綱に輝いた菅野。「昨日優勝してる相手なので、自分の力がどこまで通用するかなと思って思いっきりいった」と語るように、相手の体に密着させ、廻しを離さず土俵際まで寄って倒した。
ここから副将・谷岡が寄り倒しで勝利し、2ー2の大一番で大将は渡辺。相手の鋭い突きにも必死に食らいつき、最後は引き落としで白星を掴んだ。


長内



相手に食らいつく長内

★準決勝の分厚い壁
予選の結果、近大は優秀8校トーナメントへ進出。準々決勝の東京農業大戦は4ー1で勝ち、準決勝戦へ。対戦相手は2年前、近大が決勝戦で惜しくも敗れた東洋大だ。先鋒・元林は相手を叩き込み、次へと弾みをつける。しかし二陣の長内が上手投げで敗北。続く中堅・神﨑が気迫を全面に出した相撲で、相手の4年生中嶋を救い投げで下す。副将戦で勝負を決めたいところではあったが、土俵際で谷岡の左足が一歩先に出ており、相手に軍配が上がった。
2ー2で迎えた運命の大将戦。今回叩きが多かった相手に対して渡辺は「何とか相手についていって最後は押し出せれば良かった」と、懸命に相手に食らいついていったが、最後は引き落とされてしまい、ここで近大の団体3位が決定した。


神﨑ガッツ



ガッツポーズをする神﨑と部員たち

★団体優勝は後輩に
団体メンバーで出場していた主将・元林は今回で学生最後の大会。準決勝戦、大将の渡辺が取り組みを終え、土俵溜まりへと帰ってきた時も元林は「よく頑張った。来年もあるから頑張れ」と微笑みながらそう話し、肩をポンポンと叩いた。
今年の目標であった「インカレ団体優勝」には一歩及ばなかったが、学生の大会で全ての取り組みを終えた主将には充実感が漂っていた。最後に主将は「ありがとうございました」と、少しだけ目尻を下げ聖地を後にした。【久保遥菜】


元林長内



優しく微笑む元林㊧

~どすこいコメント~


○伊東勝人監督
「(ベスト16に谷岡と渡辺)個人戦はなかなか難しいですね。みんなインカレ目指して春からやってきているので。元林に関しては1回戦から苦手なタイプと対戦だったというのもあるけどね。変に意識しすぎて自分の本来の相撲がとれていなかったなと思いますね。(元林の苦手なタイプとは)背が低くて、下から押し上げてくるタイプですね。今日は山口の代わりに出た神﨑がよく頑張ってくれたので、それなりのチーム力で対戦できたかなと思います。(監督から見た中央大の印象)彼らも実績のある選手が揃っていますんで、今回ベスト4には入っていませんが、力的には同等の力があると思うんで、勝っても負けてもギリギリの戦いに」なっていたと思います。神﨑が頑張って勝って、そこから巻き返してくれたんで良かったと思います。彼も1年生ながら山口の代打で出て、どれだけ頑張れるかっていうところで目一杯戦えたと思うので良かったと思います。(副将に谷岡を置いた意図)やっぱり副将で勝負が決まることが多いから、出来るだけ2-2で大将戦まで持って行きたくないという思いがあったので。谷岡のところで勝負決めたいっていうのがありました。(今年のチームとは)4年2人、3年2人、2年2人というような構成にはなったのかなと思います。各学年でレギュラーに入っている者はどちらかというと体力に劣るんですよね。そこを何でカバーするかという所で、スピードであったり技術であったりということになるんですよね。一番学生に言っているのが『自分の持ち味は何なのか』ということを考えて、出せるパフォーマンスを身に付けなさいとは日頃から言っています。それに近づいてきた子たちが力となって実績となって、結果につながっているのかなとは思いますね」


○先鋒・元林
「(団体3位という結果)正直やっぱり悔しいんですけど、東洋より実力が下ということになってしまいました。自分は引退なんですけど、来年はインカレで優勝してほしいです。(先鋒としての意識)やっぱり先鋒は勢いつけないと後に続かないんで、絶対に勝つという気持ちでやりました。(主将としての役割)日本一を目指してチームを引っ張っていって、後輩も自分たちについてきてくれたんで、そこは感謝したいです。(中央大との一戦。神﨑からの3連勝に関して)1年生なんで「思い切っていけ」っていうことを言って、これからも頑張ってほしいと思います。存在感がとてもあって、まだ1年生であと3年あるのでしっかり鍛えて頑張ってほしいと思います。(3位が決まった時の後輩への声掛け)「よく頑張ったな、来年もあるから頑張れ」と伝えました。(学生最後の大会)やっぱり短かったんですけどいい思い出ができて良かったです。天皇杯では優勝目指して頑張りたいと思います」


○二陣・長内
「(団体3位という結果)悔しいだけですね。予選の3回戦で自分と元林さんが先鋒と二陣で負けて、後の3人で取ってくれたおかげで決勝トーナメントに上がれました。それで東洋とやったときは今度は自分が勝つ番だと思ったんですけど、負けてしまったんでとても悔しい試合になりました。東洋で先鋒と二陣でどちらかが取れば後は行けるからと言われたので、なんとしても勝ちたいなと思っていったんですけどね。(東洋大・西野との対戦)抱えられたら勝てないと言われていたので、横から横から止まらずに攻めろと言われていました。途中までは良かったんですけど、やっぱり最後は抱えられて、胸があったので足が出なくて最後引っ張られたので。最後まで横についていたら勝っていたと言われていたんですけど、そこまでできなかったんで、そこがダメなところでした。(来年への意気込み)来年は3年生で、今年団体優勝が一度もなかったので、1回でも優勝できるように1,2年生を引っ張っていきたいと思います」


○中堅・神﨑
「(山口に代わっての初インカレの感想)今までの試合と全然違って、初めてなんで最初は緊張していたのですが、先輩が「負けてもいいから思い切っていけ」って言ってくれて、自分の相撲を思い切って取ろうと思いました。全体的に見たら自信はついたんですけど、甘いところというか課題が見つかったので、次はそこを改善していけるように頑張っていきたいです。(インカレの雰囲気)みんなが1年間の集大成としてこの試合に照準を合わせてきていて、みんなが頑張ってきているので懸けるものが違うなと感じました。4年生が最後なので、その4年生たちに恩返しができたらなと思いました。(中央大との対戦)自分の相手が個人戦で優勝していて一番強い選手だったので、自分の力がどこまで通用するかなと思って思いっきりいきました。(強敵・東洋大と戦ってみて)学生のトップクラスというのは知っていたんで、1年生なので胸借りるつもりで思いっきり行った結果、勝てたので良かったです。自信になりました。(来年からの意気込み)来年は2年生で下が入ってくるので、やることは一緒なんですけど、もっともっと練習して強くなって、チームの中心として、先輩たちが成し遂げられなかったインカレ団体優勝目指していきたいです。個人も優勝を目指して、元林さんを超えられるぐらい強い選手になりたいです」


○副将・谷岡
「(個人戦ベスト16という結果)個人も優勝を狙っていたんで、素直に悔しいですね。(個人戦、デルゲルバヤルとの戦い)差さないで前へと攻めようとしたんですけど、うまくいかなかったですね。(東洋大との一戦)自分のところで試合が決まるっていうところで、一生懸命勝ちにいったんですけど、あと一歩及ばなくて。(来年は最上級生)自分が近大に来てからまだ一度も団体優勝できていないので、来年はしっかりチームをまとめて1回でも多く団体優勝して、最後はインカレで団体優勝できるように全員で頑張っていきたいなと思います。(主将・元林を近くで見ていて)高校からだと6年間一緒やったんですけど、大阪で小さい頃からずっと一緒で、しっかりチーム引っ張ってくれてとてもお世話になりました」


○大将・渡辺
「(個人戦のベスト16という結果)もっと上を目指したかったんですけど、初めてのインカレにしてはよく動けていたんじゃないかなと思います。(具体的に良かったところとは)立ち合い当たってから、いなしとかもよく決まっていたり、あとは立ち合いの圧力が上がって自分の流れに持って行けたことが良かったなと思います。(中央大との一戦)自分が試合に出る前に監督には「自分の相撲ができればお前のほうが強い」って言ってもらえたので、自信になりました。2-2の状態で回ってきて勝てる自信はあったので、実際に勝てて良かったです。(東洋大・白石との対戦)相手の叩きが強いというのは分かっていたので、それについていって押し出せれば良かったんですけど、足が入ってしまって転んでしまってああいう形になってしまったのでとても悔しかったです。これからもしっかり基礎から稽古をしていきたいです。(来年への意気込み)個人では常に上位狙っていきたいと思いますし、団体では近大の欠かせない存在になりたいと思います」


~団体戦結果~


予選1回戦(vs法政大)
元林○寄り切り⚫望月
長内○押し出し⚫宇野
神﨑○押し出し⚫雑賀
谷岡○上手投げ⚫小湊
渡辺○叩きこみ⚫五十嵐


予選2回戦(vs早稲田大)
元林○送り倒し⚫橋本
長内○上手投げ⚫長谷川
神﨑○押し出し⚫二見
谷岡○寄り切り⚫若林
渡辺○押し出し⚫佐藤


予選3回戦(vs中央大)
元林⚫押し倒し○西川
長内⚫押し出し○住木
神﨑○寄り倒し⚫菅野
谷岡○寄り倒し⚫田中
渡辺○引き落とし⚫中村


準々決勝戦(vs東京農業大)
元林○小手投げ⚫丸山
長内○寄り倒し⚫山内
神﨑⚫突き倒し○日下
谷岡○上手出し投げ⚫松原
渡辺○寄り切り⚫冨栄


準決勝戦(vs東洋大)
元林○叩きこみ⚫干場
長内⚫上手投げ○西野
神﨑○救い投げ⚫中嶋
谷岡⚫寄り切り○城山
渡辺⚫突き落とし○白石