新着記事

硬式庭球部
2018.09.07

昨年3位の同志社大を圧倒!!

昨年3位の同志社大を圧倒!!
3試合で単複合わせて5戦全勝の高木

9月6日(木)

平成30年度関西大学対抗テニスリーグ戦第3戦

対同志社大

@江坂テニスセンター

試合結果

◯近畿大8-1同志社大

D1○高木・恒松2[6―2、6―3]0中山・大窪

D2○小野・西岡2[6―1、6―1]0石島・岩田

D3○松本・松田2[6―2、6―1]0伊達・福永

S1○松田[1―2(RET)]大窪

S2○松本2[6―1、6―4]0中山

S3○高木2[6―2、6-2]0岩田

S4○合田2[4―6、6―3、6―2]1佐伯

S5●西岡1[6―3、2―6、3―6]2福永

S6○市川2[7―5、4―6、6―3]1折井


 9月6日のリーグ第3戦、対するは昨年リーグ3位の同志社大。近畿大はダブルスで流れを作る。D3は松本・松田組、第1セット、いきなり相手のサービスゲームをブレイクすると勢いに乗り6―2と圧倒すると第2セットでは2ゲーム目から6ゲーム連続で奪取し相手ダブルスを寄せ付けない。
D2は小野・西岡組、春の関西覇者は終始相手を圧倒し続け第1セット、第2セット共に6―1で勝利を収める。
D1では高木・恒松組が登場。第1セットは苦しみながらも6―2で奪取し流れを作ると第2セットでは恒松のサーブが冴えわたる。サーブを軸に主導権を握り相手に流れを渡さない。最後は恒松がサービスエースを決め6―2で勝利を収める。
ダブルスではすべてストレート勝ちを果たした近畿大だがシングルスでは苦戦を強いられる。S6には市川が出場。第1セットは7―5と粘りを見せるも、第2セットでは4―6で落としてしまう。しかしここで切り替えた市川は第3セット、1ゲーム目でいきなりブレイクすると流れに乗り6―3で勝利を収める。
S5で出場した西岡は第1セットは6―3で取るも続く第2セット、第3セットではミスが目立ち無念の敗戦。
S4では合田が出場。第1セットでは終始流れを作れず4―6で落としてしまう。しかし、第2セットを取ると第3セットでは相手を圧倒し6―2で勝利。
フルセットの戦いが続く中、S3の高木、S2の松本は抜群の安定感を見せた。1年生から近畿大を支える2人はともにストレート勝ち。S1を任される松田は3ゲーム目で相手選手が棄権し勝利。シングルスでは苦しむ事もあったが8―1で無傷の3連勝を飾った。
試合後、小野主将は「昨年3位で力のある同志社相手にチームみんなで力を出せている、(シングルスでは)同志社も意地を見せてきて苦しい場面もあったが粘りを見せれて良かった」と苦しみながらも粘り強く勝利をもぎとったことを讃えた。  【川口享也】


DSC_0740



明るい応援で選手を盛り上げる硬式庭球部員