新着記事

卓球部
結果
2018.05.07

近大で男女とも白星発進!しかしエースが今後のカギに

近大で男女とも白星発進!しかしエースが今後のカギに
調子が上がってきた澤田

【卓球部】

平成30年度関西学生卓球春季リーグ戦/第4日目

@近大記念会館

 

舞台は近大へと移し、迎えた第4日目の春季リーグ。男子は経法大に4ー3と競り勝ち、女子は京産大に6ー1と快勝だった。

 

女子は澤田優希(経営4)の復調が大きかった。第3セットシングルスでは草場(京産大)に3-1で勝利。続く高橋優花(経営2)とのダブルスでは、藤原・藤本ペアに2-2まで接戦にもつれ込む。しかしここで粘って、3-2でこのセットを奪取。エースが徐々に本来の調子を取り戻してきた。この後の高橋、海津天音(経営1)、田熊光里(法2)らが連続で勝ち点を取り、6-1で試合を終えた。

女子ダブルス
ダブルスで勝った左から高橋・澤田ペア

男子はエース格となる矢吹悠(経営3)と山本拓(経営4)の復活がカギとなる試合になった。矢吹は杉本(経法大)相手に2-2で互角の戦いを見せたが、最終的に3-2で負けてしまった。第5セットの山本は気迫を前面にみせて戦うが、3-0で敗北。最終的には4-3で競り勝ったが課題が多く残る試合となった。

矢吹
復調が待たれる矢吹

山本
強い山本が帰ってくるのが待ち遠しい

男女ともにエースが今後のリーグの運命を左右する。近大で行われる春季リーグ戦で、近大が有終の美を飾る。【久保遥菜】

 

○女子・玉置監督

(今日の試合の感想)やっぱりダブルスが大きかったと思いますね。ダブルスが負けてたらまた後が変わってきてましたね。今日みんな粘り強く、1年生の海津も1勝したので自信につながってくれたらなと思いますね。あとはエースの澤田が勝ってくれたのが大きかったですね。最近は調子が悪かったので。残り2戦は近大で、次は関大戦なのでみんな悔いのないようにやってほしいと思います。女子は2勝3敗で踏ん張りどころやけど頑張ってほしいと思います。

 

○男子・蛯名コーチ

(今日の試合の感想)勝ったけど、ちょっと内容が悪かったですね。1番の矢吹、5番の山本は勝たんとあかん2人やったね。2人とも試合にずっと出ている選手なんでね。(次の立命戦では)当然山本、矢吹の奮起を期待したいです。プラス三枝にも頑張ってもらって、1年生にも元気にやってもらいたいです。