新着記事

硬式野球部
2018.05.06

まさかまさかの逆転サヨナラ負け

まさかまさかの逆転サヨナラ負け

本塁打を放った佐藤


5月5日(土)



関西学生野球連盟春季リーグ戦第5節1回戦



対同志社大



ほっともっとフィールド神戸



試合結果



近大2-3X同大






近大|000|200|000|000|00 |2



同大|000|000|101|000|01X|3



※延長14回サヨナラ



勝利投手 仲野  (2勝)



敗戦投手 宮﨑洸 (1敗)



本塁打 佐藤2号2ラン



    福原1号ソロ



【近大】小寺、伊波、宮﨑洸ー川上



【同大】福島、村居、仲野ー西林






まさかまさかの展開だった。初回から試合を優位に進めた近畿大であったが、だめ押しをすることができず、まさかの逆転負けを許してしまった。






初回から近畿大ペースで試合を進める。



初回から打席ではファールなどで粘りを見せ、球数を投げさせるとともに攻撃の時間が長くなる。すると4回、同志社大先発・福島が突如制球を乱す。この好機を逃さず竹村が左前打で出塁すると、佐藤輝明(短大2)が右翼席中段への本塁打を放つ。2点を先制し勢いに乗りたいところだったが、ここからは福島の投球に翻弄されてしまう。凡打を重ね好機を演出することができない。






しかし、先発・小寺兼功(経営4)が好投する。打たせて取る投球で危なげなく、6回まで無失点に抑え、7回先頭の同志社大・福原にソロ本塁打を浴びたところでマウンドを降りた。続いてマウンドに上がったのは直近の試合でも安定感のある投球をしている伊波友和(経営4)。さっそく本塁打に沸く会場の雰囲気を一掃し、同志社大を勢いづかせない。






このまま1点差を守りきりたいところであったが、運に見放された。



9回二死一、三塁で、あとアウト1つという場面、2ボール2ストライクまで追い込む。なんとかくらいついてきた打球は力なく、三塁手・佐藤のはるか前へと転がる。素早く処理するも内野安打となり、同点に追いつかれてしまい、試合は延長戦へともつれこむ。伊波は延長戦でも好投を続け7回を1失点に抑える。






流れを引き寄せたい近畿大打線は



13回二死から竹村陸(経営3)が内野安打で出塁すると、佐藤の投手強襲内野安打で二死一、三塁の好機を作る。しかしここで得点をすることはできず、勝ち越すことができない。



14回裏、ついに決着がついてしまう。



この回からマウンドに上がった宮﨑洸(経営2)が同志社大打線につかまりサヨナラ逆転負けを喫してしまった。



もう優勝へ向けてあとがなくなった近畿大。明日からは負けられない戦いが待っている。



DSC_0017

7回途中1失点と好投した小寺



DSC_0085

7回1失点と好投した伊波 






〈試合後のコメント〉



田中秀昌監督「小寺は本塁打1本、伊波は粘ってはいたが不運な内野安打にやられた。しかし、ピンチが続く中で粘ることはできていた。14回は勝負をかけて伊波に代打をだしたが、変わった投手が打たれてしまった。これは監督の責任であり、選手はよくがんばった。(相手の)福島がいい投球をしていてなかなか走者を出せなかったが、後押しできればよかった。明日何が何でも勝ちに行く」