新着記事

フィギュアスケート部
結果
2018.03.18

4年生、最後の試合!!

4年生、最後の試合!!
満面の笑みを浮かべる選手たち

 

 

【フィギュアスケート部】

 

2月22日(木)、23日(金)

 

第17回関西学生フリースケーティング大会

 

@大阪府立臨海スポーツセンター

 

 

=出場選手=

 

○4部女子 田井有希(理工3)

横山侑里(理工3)

大賀愛子(総合社会3)

○3部男子 福永拓生(理工3)

○3部女子 徳山江里(経済2)

田中優衣(文芸4)

○2部男子 永田幸大(経営3)

松田全輝(法1)

梶谷昂史(経営4)

山嵜健 (法4)

○2部女子   西本佳奈(法4)

 

○新人戦男子 中村康平(経営1)

平松佳晃(法1)

○新人戦女子 宮谷菜央(理工2)

高橋柚月(建築1)

 

 

この大会では、引退試合と新人戦が行われた。選手達は普段にも増して気合が入っていた。

初日始めの男性滑走者は、3部男子の福永拓生(理工3)だった。6分間の練習後すぐの本番は氷の感覚がつかみやすく有利だと言われているが、その分プレッシャーは大きい。曲が始まるとすぐに、力強い滑りで迫力を見せつける。その後も3回連続ジャンプを決めるなど、会場を大いに沸かせ、見事表彰台のてっぺんに上がった。

HP 写真1
 笑顔で観客を盛り上げる福永

HP 写真1'
3部男子 表彰

 

翌日の新人戦男子には中村康平(経営1)が出場。ブルゾンちえみでおなじみの曲『Dirty Work』で観客を盛り上げる。新人とは思えない落ち着いた滑りで、2連続ジャンプを決めて見せた。結果は3位に入賞。これからの活躍に期待したい。

HP 写真2
 曲にのって踊る中村

HP 写真2'
新人戦男子 表彰

 

この試合(2月22日)を最後に、4人が引退となった。試合後のインタビューで、元主将・梶谷は「関カレで優勝出来た事が一番の思い出ですね」と振り返った。また2部女子で4位に入賞した西本は「3回転ジャンプの習得など、今まで努力してきて良かった」と思いを語った。3部女子に出場した田中は「テストで自分の目標にしていた級を獲得した時は、後輩達も一緒に喜んでくれてとても嬉しかった」と笑顔で答えた。そしてチームのムードメーカー的存在の山嵜健は「インカレ出場が一番印象に残っています。今後とも、後輩達をよろしくお願いします」と後輩思いな一面を見せた。

HP 写真3
仲良く肩を組む引退生4人

 

=近畿大学フィギュアスケート部のちょこっと歴史=

今から4年前、近畿大学のフィギュアスケート部は廃部の危機にさらされていた。この大会で引退となった4人が入部する前、部員はたったの2、3人しかおらず、桜井めぐみ監督、そして部員達も廃部を覚悟していた。しかし翌年、この4人がスポーツ推薦の選手1人を含め入部。まさに近畿大学フィギュアスケート部の救世主と言って良いだろう。他大学とも協力しながらなんとか部を立て直し、今では男子6名、女子17名といった大きな部活へと進化を遂げたのだ。

HP 写真4
 桜井監督と引退生4人

 

 

☆桜井監督のインタビュー☆

 

Q.現時点で2回転ジャンプなどの大技をきめられる選手もおられますが、今後特に期待している選手はいますか?

「現主将の永田です。3年生で初めて全日インカレに出て入賞したとすごい自慢してるんで。毎年年明けにあるんですけど、今度は「入賞」じゃなくて、3本の指に入ってくれるんではないかと期待しております」

 

 

~写真 ダイジェスト~

HP ダイジェスト1
4部女子・田井有希(理工3)

HP ダイジェスト2
4部女子・横山侑里(理工3)

HP ダイジェスト3
4部女子・大賀愛子(総合社会3)

HP ダイジェスト4
3部男子・福永拓生(理工3)

HP ダイジェスト5
3部女子・徳山江里(経済2)

HP ダイジェスト6
3部女子・田中優衣(文芸4)

HP ダイジェスト7
2部男子・永田幸大(経営3)

HP ダイジェスト8
2部男子・松田全輝(法1)

HP ダイジェスト9
2部男子・梶谷昂史(経営4)

HP ダイジェスト10
2部男子・山嵜健(法4)

HP ダイジェスト11
2部女子・西本佳奈(法4)

HP ダイジェスト12
新人戦男子・中村康平(経営1)

HP ダイジェスト13
新人戦男子・平松佳晃(法1)

HP ダイジェスト14
新人戦女子・宮谷菜央(理工2)

HP ダイジェスト15
新人戦女子・高橋柚月(建築1)