新着記事

相撲部
2018.02.26

近大出身力士、母校へ帰る!!

近大出身力士、母校へ帰る!!
OBと現役生で集合写真

【相撲部】

2月25日(日)

近大出身力士、母校へ帰る!!

@近畿大学クラブセンター内道場

 

大相撲はいよいよ三月場所。今回大阪で行われる三月場所に向けて、近大出身力士たち8人が母校へ帰り、後輩を稽古につけて共に汗を流した。

現役生は8時から練習する中、9時から続々と大相撲力士たちが登場。「角界のマツコ・デラックス」との異名をもつ宝富士関(=本名・杉山大輔 平成21年卒)や、昨年8月に入幕を果たした朝乃山関(本名・石橋広暉 平成28年卒)らが道場へと入っていった。

新主将・元林健治(経営3)は自ら朝乃山関を指名。数分間ではあったが、身体を極限まで追い込んだ。朝乃山関が4年の時、元林は1年であった。実際に元林を稽古につけた朝乃山関は「昔は弱かったけど、実際今日稽古してみて強くなったと思います」と後輩の成長に感心していた。続けて「もっと強くなって良い成績を残してほしい」とエールを送った。対して元林は「(朝乃山関は)やはり威圧感がありました。昔から憧れだったので嬉しいです」と声を弾ませた。

石橋稽古
昨年入幕を果たした朝乃山

元林石橋
 関取との稽古で汗を流した

他にも谷岡倖志郎(経営2)や山口怜央(経営1)など若手選手も稽古をつけてもらい、練習に励んだ。「押せ押せ!」「休むな休むな!」。伊東勝人監督らからたくさんのゲキが飛び交っていたが、選手たちはがむしゃらに食らいついた。

宝富士谷岡
宝富士と稽古をする谷岡

大岩戸れお
ベテラン大岩戸と稽古する山口

最後の拓
必死に誉富士を押す渡辺拓(経営1)

必死な谷岡
がむしゃらに稽古に励む谷岡

最後は現役生で四股を踏み、約2時間半の稽古を終えた。今日の稽古は今後必ず生かされるはずだ。【久保遥菜】

 

~力士たちのコメント~

○宝富士関

「(三月場所について)地元みたいなものなので活躍してみなさんに喜んでもらえたら。体の状態はいいので、二桁勝利いきたいです」

 

○朝乃山関

「近大での稽古は一年ぶり。実際してみて懐かしい気持ちになった。(次の三月場所は)ケガをしたらもったいない。ケガしない身体づくりをして本場所に臨みたいです」

 

○主将・元林

*今シーズンの目標を語ってもらいました。

「まずは今はケガをしたらだめなので、体づくりをして、体を大きくしていきたいです。そして今年最初の試合である宇和島では団体優勝、個人では優勝を目指したいです」

サイン元林

 

~本日参加した大相撲力士たち~

幕内 宝富士 大輔(伊勢ケ浜部屋)

幕内 朝乃山 英樹(高砂部屋)

十両 徳勝龍 誠(=本名・青木誠 平成21年卒 木瀬部屋)

十両 誉富士 歓之(=本名・三浦歓之 平成20年卒 伊勢ケ浜部屋)

幕下 志摩ノ海 航洋(=本名・濱口航洋 平成24年卒 木瀬部屋)

幕下 大岩戸 義之(=本名・上林義之 平成16年卒 八角部屋)

幕下 玉木 一嗣磨(=本名・玉木 一嗣磨 平成28年卒 高砂部屋)

幕下 池川 勇気(=本名・池川 勇気 平成28年卒 八角部屋)

練習風景
最初は現役生だけでウォーミングアップ

徳 宝
現役生を見守る徳勝龍と宝富士

池渡辺石
談笑する(写真中央 左から)池川、渡辺亮(経営4)、朝乃山

誉富士指ハートポーズ
お茶目に指ハート♡ポーズを見せてくれた誉富士

渡辺池川
笑顔で会話する渡辺と池川

 

~大相撲力士のサイン写真集~

サイン石橋

朝乃山

サイン宝富士

宝富士

サイン徳勝龍

徳勝龍

サイン誉富士

誉富士

サインしまのうみ

志摩ノ海