新着記事

サッカー部
結果
2017.11.28

立命館大に完敗でも8位でリーグ残留が決まる

立命館大に完敗でも8位でリーグ残留が決まる
1126

2017年度 第95回関西学生サッカーリーグ(後) 第節(延期試合) 対立命館大

@J-GREEN堺・メインフィールド

DSC_5822
近畿大スタメンイレブン

「近畿大スターティングメンバー」

GK:池藤

DF:吉野・吉村・川浪・川辺

MF:善積(30‘,丸岡)・辰巳(51‘,前田)・川畑(69’,藤本)・東・伊藤

FW:粟飯原

 

近畿大0―3立命館大

前半0―1

後半0-2

【得点者】

前半26分 立命館大

後半3分 立命館大

後半46分 立命館大

 

関西学生サッカーリーグ(後期)第6節(延期試合)の対立命大戦が延期試合がJ-GREEN堺・メインフィールドで行われた。
近畿大は、序盤からペースを奪われ、苦しい試合となった。前半26分左サイドをドリブルで崩され、ゴール前へのパスを許し、先制点を奪われる。得点を返したい近畿大であったが、立命大のディフェンスを突破することができず、前半を終える。
後半も立命館大のペースで試合が進む。後半開始直後の後半3分、相手のロングボールに反応し、キーパーが飛びたす。しかし、相手フォワードにかわされ、無情にも無人のゴールへボールが吸い込まれる。その後、近畿大はカウンター攻撃を中心に立命大ゴールへと迫るが、立命館大ディフェンス陣に阻まれ、ゴールネットを揺らすことができない。そのまま試合終了かと思われた後半のアディショナルタイム、近畿大ディフェンス陣の頭を超えるような山なりのロングボールがディフェンスラインの裏へ通り、キーパーとの1対1の場面を作られ、ダメ押しの失点をしてしまう。そのまま試合終了のホイッスルが鳴り、結果0-3で立命館大に敗北という結果になった。

DSC_5913
今シーズン11点4アシストの粟飯原尚平(経営3)はこの日不発

DSC_0192
勝利でシーズンを終わらせる事が出来なかった近畿大

この敗北で近畿大は立命館大に超えられたが、9位の大阪学院大が大阪体育大に負けたため、近畿大は8位に定着しリーグ残留が決まった。

【大澤和矢】

 

試合後のコメント

松井清隆監督

Q.まだ分からないと思いますが、大阪学院大が勝ったら入れ替え戦になりますが、どうですか?

「まあそれに期待するしかないですよ。これが力なのかなということなんですよ。上げてもやっぱり落として、止める・受ける・運ぶ・状況判断でボールに対してセンターバックが勝てたかどうかですけども、勝ててないし、じゃあ試合で拾えてるかって言った時、距離感も悪いしって時に誰が指示出すのっていう
リーダーが出てこないという。上手くいった時はわーっとなるんやけど、悪い中でどうするかっていうところは反省ですね。やれば出来るんやけど、バタバタしてしまうというところ。今日大事なのはやっぱりコミュニケーションってずっと言ってたんやけど、結局はキーパーのところでやってるという。でもあの子は元々どんくさいんで、まあでも今まで頑張ってくれたんで、何も言えないですけど、一番大事な時にそういうのが出ますっていうことですよ。」

Q.入れ替え戦は置いといて、今年は1部リーグは終わったということですが、今年を振り替えっていかがですか?

「一番悩んだのはキーパーのところ。あと、センターバックのところ。そこは何とか継ぎはぎでやったら勝ち点はとれるんだけど、キャプテンの選手やセンターバックが怪我したりとかで連敗して、また立て直してもダメだということだったんで、まずは層を厚くする、もう1回基本を忠実にするということをやっていかないといけないなということです。」

Q.来年に向けてはどんな感じですか?

スタッフも成長してるし、チームビハインドチームっていうか。そういう面では良くなってきてるし、トレーナーもそうだし。ストレッチやったり、誰も見てないところでのトレーニングとか、地道にコツコツとずっと言っては
いるんだけど。最後藤本拓臣っていうのが出たんだけど、誰も見てない70人か60人でのチームプレーで練習はしてるかも分からないけど、一人になった時にどんだけ練習しているかっていうところ。結局最後は一人だから、そこでどんな練習してるかということを皆に伝えたい。皆来て練習やりましたよ~、はい終わりみたいなんじゃなくて、自分で考えて、1枚1枚積み重ねて1ミリを3年、4年積み上げたらどんだけの力になるかということを伝えていきたいですね。」

Q.改めて来年の目標は何ですか?

「1枚1枚積み重ねることですよ。当たり前のことをバカにせずちゃんとやっていくってことです。勝ったから、タレントが良い選手が入ったから強い。そうじゃなくて、近大として誰が入ったとしても、サッカーを練習出来るという感謝の気持ち、向上心を持って上手くなりたいと。そしてチームのために一生懸命やることですね。愛読 と信頼と尊敬のところを浸透させていうということです。1枚1枚積み重ねていくっていうことです。」

 

『大学最後の試合となった四年生』


DSC_5961
伊藤寛生(経営4=洛北高)

DSC_6014
東宏樹(経営4=G大阪ユース)

2
吉野晃基(経営4=近大付属高)

DSC_5928
吉村太希(法4=東山高)

DSC_6123
前田拓海(経営4=JFAアカデミー福島U18)

DSC_6161

 藤本拓臣(経営4=東福岡高)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<リーグ通算成績>

10勝1分11敗 勝点31 得失点差-6 最終8位

<チーム内得点ランキング>

粟飯原尚平(経営3)11得点

善積 楠貴(法3) 5得点

伊藤 寛生(経営4)3得点

前田 拓海(経営4)2得点

川畑 隼人(経営2)2得点

白岩 海斗(経営4)1得点

吉野 晃基(経営4)1得点

多田 将希(経営3)1得点

丸岡  悟(経営2)1得点

川浪 龍平(経営2)1得点

<チーム内アシストランキング>

粟飯原尚平(経営3)4アシスト

丸岡  悟(経営2)4アシスト

國分  将(経営4)3アシスト

善積 楠貴(法3) 3アシスト

伊藤 寛生(経営4)2アシスト

白岩 海斗(経営4)1アシスト

東  宏樹(経営4)1アシスト

多田 将希(経営3)1アシスト

川辺 雄貴(経済2)1アシスト

川畑 隼人(経営2)1アシスト