新着記事

硬式野球部
結果
2017.09.25

投打で圧倒し勝ち点奪取

投打で圧倒し勝ち点奪取
通算100安打目を放ちチームを勢いづける小深田大翔(経営4)

9月24日(日)
平成29年度関西学生野球連盟秋季リーグ
第4節vs同志社大 第2回戦
@ほっともっとフィールド神戸
試合結果
近大9ー2同大
同大|000|000|020=2
近大|402|300|000=9
勝利投手 小寺(2勝1敗)
敗戦投手 溝田(2敗)
【近大】小寺ー川上、山本
【同大】溝田、仲野、渡邉、難波ー山岸
【投球成績】
小寺 9回 125球 36打者 8安打 4三振 2四球 2失点

初回から一挙4点を奪った近大が、相手を寄せ付けず大勝し、勝ち点を奪った。

初回の攻撃、先頭の主将・小深田大翔(経営4)が左前打を放ち、通算100安打を達成すると、後続もその流れに乗り打者一巡の猛攻で一挙4点を先制する。3回には無死一塁から佐藤輝明(短大1)が右越え本塁打を放ち、点差を広げていく。4回も攻撃の手を緩めず、谷川刀麻(経営2)の左前適時打、中家健登(経営3)の右前適時打、川上翔大(経営3)の中前適時打で3点を追加し、試合を決定づけた。

DSC_7521
本塁打を放ちダイヤモンドを一周する佐藤

また、先発投手・小寺兼功(経営3)も奮闘する。初回に二死から四球と連打で満塁のピンチを作るも、無失点に抑える。大量リードをもらった2回から7回まではテンポよく投げ込み、二塁すら踏ませない投球を見せる。しかし、8回に連打を浴び2点を奪われ、9回もピンチを作るが、踏ん張りを見せ、前節の雪辱を晴らす9回2失点の投球で自身初となる完投勝利を挙げた。DSC_7513
9回2失点と好投した小寺

投打がかみ合い、まさかの2連敗に終わった前節の不安を払拭する大勝利。勝ち点奪取に成功した。

【堀内春樹】

<試合後のコメント>
田中秀昌監督「(小深田の通算100安打達成について)プレッシャーがあったと思うが、最初の打席で打ってくれてほっとした。なかなかできることではないので立派なことだ。チームもきっかけとして勢いづき、ビッグイニングになった。小寺は初めて完投させたが、7回まで完璧に抑え、8回はスタミナの問題もあって打たれてしまった。それでも自信にはなったのではないか。チームは後半に点差が開いたがバントなどしなければならないことをして、ダメ押しはできなかったもののチャンスを作った。関西大学戦に向けて打線が活発になってよかった。」

主将・小深田「できれば1打席目で(通算100安打目を)打ちたいと思っていた。追い込まれていたということもあり、来たチェンジアップをうまくすくうことができ、打球が良い所に落ちてくれてよかった。みんながよく打ってくれて楽に試合が進み、通算100安打を達成した試合で勝ててよかった。(通算100安打への)プレッシャーはあった。やっと達成できたという気持ち。本塁打を打つタイプではないので逆方向を意識して自分のバッティングを続けてきた。1年生の秋の試合で高校での努力が自信になり、大学でも努力を続けた結果だと思っている。大学では、シートバッティングで2ストライクの場面を想定して練習し、追い込まれてからのバットコントロール力、粘りが身についた。これからも通算最多安打記録にできるだけ近づいていきたい。」