新着記事

硬式野球部
結果
2017.09.24

逆転劇で対同志社第1戦勝利!!

逆転劇で対同志社第1戦勝利!!
 相手を引き離す2点適時打を放った佐藤輝明(短大1) 

 

9月23日(土)
平成29年度関西学生野球連盟秋季リーグ
第4節vs同志社大 第1回戦
@ほっともっとフィールド神戸
試合結果
近大5ー3同大
近大|000|004|100=5
同大|100|000|020=3
勝利投手 岡田(1勝1敗)
敗戦投手 福島(2勝2敗)
【近大】岡田、伊波、石原、横山―川上
【同大】福島、村居、仲野、渡邉、難波―山岸
【投球成績】
岡田 5回 72球21打者6安打 3三振 無四球 1失点 自責1
伊波 2回 31球8打者0安打 0三振2四球 無失点

石原 ⅓回15球 4打者1安打 1三振 1四球 2失点 自責1

横山 1回⅔ 35球 7打者0安打 2三振 2四球 無失点

 

☆逆転劇で対同志社第1戦勝利!!

 初回に点を奪われるも、打者1巡の猛攻を仕掛け、同志社大学との初戦を勝利で飾った。
 初回、「久しぶりの一戦目でりきんでしまった」と先発の岡田和馬(経営4)が同志社打線に捕まり、失点を許す。その後は要所を締める粘りの投球で2回以降は得点を許さない。 試合が動いたのは5回表だった。近大打線がついに相手先発の福島を打ち崩す。この回先頭打者の岡田が粘りの打撃で出塁すると小深田大翔(経営4)がリーグ99本目となる安打で走者を進める。そこで田中秀昌監督は勝負に出る。二塁走者の岡田に代走を送る。相手の失策もあり無死満塁の場面で迎える打者は竹村陸(経営2)。粘りを見せ押し出し四球を選び、同点に追い付く。勢いのついた近畿大打線は打者1巡の猛攻で4点を奪い逆転に成功する。7回にも追加点を加え、点差を4に広げる。

 8回裏に8回に登板した石原丈路(経営3)が同志社打線の反撃にあい、5対3となるも石原を救援した横山竜也(経営3)が追撃をかわし、同志社大との一戦目を勝利で終えた。【大澤和矢】

DSC_7308DSC_7379

 
好救援を見せた伊波㊤、横山㊦

<試合後のコメント>
田中秀昌監督「5回表は負けていて、二塁まで出ていたので思い切って勝負に出た。岡田に代打を出すか悩んだが、後半によくなってきたのでそのまま打席に送ったらヒットを打ってくれたがサインを見逃していた。小深田がヒットを打ってくれたので、2塁ランナーに代打を送った。佐藤もよく打って、竹村もファーボールを選んで押し出し同点になった。8回に追加点を取ってくれたが、調子のいい石原を使ったが、ダメだった。その後横山がファーボールを出したもののよく抑えてくれた。監督の采配ミスを選手がよくカバーしてくれた。」

岡田投手「初回は久々の開幕戦登板で力みすぎたが、その後は粘り強く抑えることができた。調子はよかったが、球を抑え切ることができなかった。甘い球が何球か出たので、そこを修正していきたい。最後の年なので、チームになにか残したい。神宮で投げていない分、人1倍神宮に行きたいという気持ちがある。厳しい戦いが続くが、がんばりたい。」