新着記事

硬式野球部
結果
2017.09.04

終盤の追い上げ虚しく敗戦

終盤の追い上げ虚しく敗戦
最終回にセカンドゴロに倒れ天を仰ぐ川上

9月3日(日)
平成29年度関西学生野球連盟秋季リーグ
第1節vs立命館大 第2回戦
@わかさスタジアム京都
試合結果
近大1ー3立命

立命|010|000|020=3
近大|000|000|010=1
勝利投手 東(1勝)
敗戦投手 岡田(1敗)
【近大】岡田、松井、三浦、伊波―川上
【立命】東―栃尾、大本
【投球成績】
岡田 7回⅓ 111球29打者5安打 6三振 3四球 1死球 3失点 自責2
松井 ⅔回   12球 3 打者0安打 0三振 1四球 無失点

三浦 ⅓回   15球 3 打者1安打 0三振 1四球 無失点

伊波 ⅔回   9球 2 打者0安打 1三振 無四球 無失点

 

 先日の勝利の勢いのまま連勝し、勝ち点を奪いたい近畿大。しかし、そこに立ちはだかったのは大学日本代表のエース・東だった。

 東の前に苦しんだ近畿大は終盤に持ち前の粘り強さを見せるも1点にとどまり敗戦。

 大学日本代表のエースのピッチングは圧巻だった。初回から3三振を奪われるなど、打線は相手先発・東を捉えることができない。
 一方、近畿大の投手陣も負けじと踏ん張った。先発の岡田和馬(経営4)は、序盤は制球が安定せず、2回には味方の失策も絡んで1点を失う。中盤は変化球を巧みに操り、立命打線を相手に三振を6つ奪う。8回には疲れが見え始め、甘く入った球を痛打され2点を追加されたものの、松井健太郎(経営1)、三浦功也(経営1)、伊波友和(経営3)のリレーで無失点に抑えた。DSC_7573
粘りの投球を見せた岡田

 なんとか投手陣の好投に応えたい打撃陣は、8回裏2死から主将・小深田大翔(経営4)が2塁打を放ち、駒瀬大武(経営4)の強い打球が相手二塁手の失策を誘い、1点を返す。9回裏にもチャンスを作り、春季リーグのような終盤の粘りを見せたものの、得点を奪うことができず敗戦。試合後、田中秀昌監督は「終盤の粘りは明日へ繋がる」と明日の試合への手ごたえを感じていた。
 勝ち点奪取に向けて持ち前の粘り強さで明日の第3戦に臨む。【堀内春樹】

   DSC_7532 
今日2安打を放った小深田

<試合後のコメント>

田中秀昌監督「(相手先発の東は)JAPANのエースだから守り勝ちたかったがミスで失点してしまいそれが重たい一点になってしまった。7、8、9回は押してたので明日に繋がる。(小深田は昨日と今日で)5安打、大したもんですね。(佐藤は)2打席見てあってなかったので代打を出しました。岡田は粘り強く投げていたが8回は投げるスタミナがなかった。そのあとの1年生の松井が良く投げた。後半は攻めていってたので明日に繋がる」