新着記事

馬術部
結果
2017.06.30

松永&アバンタージュⅡ、関西V

松永&アバンタージュⅡ、関西V
5月3~5日

52回全関西学生馬術大会(第48回関西学生新人馬術大会

@三木ホースランドパーク

☆初コンビで挑んだLクラス障害飛越競技Aで準優勝!

松永紳(経済3)が初めてのコンビとなる騎乗馬・アバンタージュⅡ(牝7)と共に奮闘を見せた。3日に行われたLクラス障害飛越競技Aで準優勝、5日に行われたLクラス障害飛越競技Bでは優勝を果たした。

 初コンビで挑む最初の試合となったLクラス障害飛越競技A。「試合前はすごく緊張していたが、始まると落ち着いて走行できた」と松永が試合を振り返るように、初コンビながらタイム5029、減点0の走行を見せ、準優勝。近畿大からは10年ぶりとなるLクラス障害飛越競技Aでの入賞となった。松永の準優勝に謝東暁監督も「経験者がランクインする中で、大学から馬術競技を始めた松永の準優勝は本当によくやったと思う」と声を弾ませた。

 

Lクラス障害飛越競技Bでは堂々V

 2走行目、Lクラス障害飛越競技Aより高さが10㎝低くなるLクラス障害飛越競技Bでは「落ち着いて挑めたし飛ぶことを意識していた」とこの競技でも安定した走行を見せた松永。タイム4565、減点0で優勝を勝ち取った。

 
matsunaga

初コンビとは思えぬ安定した走行を見せた松永とアバンタージュⅡ

「勝ちたい気持ちが強く、攻める気持ちで挑んだ」と松永。そんな松永の強気の姿勢とアバンタージュⅡとの抜群のコンビネーションで次の舞台でも活躍を見せてくれるだろう。

 

Lクラス障害飛越競技Bでは堂々V

 2走行目、Lクラス障害飛越競技Aより高さが10㎝低くなるLクラス障害飛越競技Bでは「落ち着いて挑めたし飛ぶことを意識していた」とこの競技でも安定した走行を見せた松永。タイム4565、減点0で優勝を勝ち取った。

「勝ちたい気持ちが強く、攻める気持ちで挑んだ」と松永。そんな松永の強気の姿勢とアバンタージュⅡとの抜群のコンビネーションで次の舞台でも活躍を見せてくれるだろう。

◎大会結果◎

Lクラス障害飛越競技A

準優勝  松永紳(経済3)騎乗馬 アバンタージュⅡ

6位  三宅一生(理工4)騎乗馬ドン・ミラクル

Lクラス障害飛越競技B

優勝  松永紳 騎乗馬

アバンタージュⅡ

3位 多田智香子(理工3)騎乗馬 ドン・ミラクル

 

<出場選手コメント>

松永「初コンビで不安もあったが、勝ちたい気持ちが強く、攻める気持ちで挑んだ。Lクラス障害飛越競技A)試合前はすごく緊張していたが、始まると落ち着いて走行できた。(Lクラス障害飛越競技Bは)気持ちもだいぶ楽だったので落ち着いて、飛ぶことを意識していた。

多田「緊張はしたが、ドンミラクルに支えられながら挑めた試合になった。自分の力不足で悔しい結果になったがこれからの練習に今回の反省を生かし次の試合に向けて頑張っていく」