新着記事

硬式野球部
結果
2017.04.23

首位攻防戦を制し、リーグ制覇に向け価値ある勝ち点奪取!!!

首位攻防戦を制し、リーグ制覇に向け価値ある勝ち点奪取!!!


勝利の瞬間、喜びを見せる近大ベンチ

4月23日(日)
平成29年度関西学生野球連盟春季リーグ
第4節vs関西大 第2回戦
@南港中央球場
試合結果
近大4ー2関大



近大|000|012|000|001=4
関大|000|000|000|002=2
勝利投手 岡田(2勝)
敗戦投手 山本(2勝1敗)
【近大】岡田、伊波、横山―川上、山本
【関大】山本、肥後、濵田―久米
【投球成績】
岡田 7回 112球28打者 4安打 2三振 4四球 無失点
伊波 1回⅓ 32球 8打者 2安打 0三振 3四球 2失点自責2
横山 0回⅔ 6球 2打者 0安打 1三振 0四球 無失点

前日のサヨナラ勝ちの勢いそのままに近大が2連勝で首位攻防戦を制し、優勝へ大きく近づいた。
序盤から動いた前日とは打って変わって、序盤は得点が入らず均衡状態が続く。試合が動いたのは5回一死一三塁から相手投手の暴投の間に得点をあげる。6回には3番谷川刀麻(経営2)、4番竹村陸(経営2)が安打でチャンスメークすると迎えたのは1年生ながら5番を務める佐藤輝明(短大1)。佐藤は「高めを捨てて低めだけを待っていた」と低めの真っすぐをライト前にはじき返す。リーグ戦初打点は貴重な追加点となった。7回には2番牧野慎也(経営3)が左越え本塁打を放ち突き放す。DSC_0263
佐藤のタイムリーで生還し抱き合う竹村㊧と谷川㊨

投げては先発の岡田和馬(経営4)がピンチを招きながらも要所を締め7回無失点の好投。8回から登板した伊波友和(経営3)が9回に捕まり逆転のピンチを招くも伊波を救援した横山竜也(経営3)が後続を絶ち関大の追い上げを封じる。DSC_0235
力投を見せた岡田

投打が上手く噛み合った近大が勝利し、貴重な勝ち点を奪取し首位に浮上する。リーグ制覇の足音が近づいてきた。【川口享也】

DSC_0302
ホームランを放ちダイヤモンドを一周する牧野

<試合後のコメント>
田中監督「なかなか簡単には勝てない。(先制点は)スクイズだったがピッチャーが力んで上に抜けてラッキーな1点だった。あとはクリーンアップが連打で点をとって、2番がとったが、その裏には岡田の好投があった。9回は横山がよく抑えてくれた。(佐藤は)本当は欲を言えばホームランを打ってほしい。飛距離が違う。チームで一番飛距離がある。彼には長打を期待している。とりあえずはクリーンヒットを打ってくれて助かった。(岡田の調子は)まあまあだったが、良くゲームを作ってくれた。投手リーダーだし投げるスタミナをつけてほしい。人と違うところを見せてほしい。期待している」
岡田投手「握力が落ちてきて最後の方戻ってきてなんとか持ちこたえられた。先発して2試合連続で良い結果を残せた。完封したかったが、そこは監督が決めること。(今年の投手陣は)いけるぞという気持ちはある。自分が引っ張っていきたい」
佐藤選手「リーグ戦では打点がなかったのでいいところで打ててよかった。高めを捨てて低めだけを待っていた。ずっと使い続けてくれていたことにちょっとだけこたえられた。自分の長所はパワーと飛ばすこと、欲を言えば長打が欲しかった。このところ力んでしまっていたが監督から力を抜けと言われて上手く力を抜けた。次はホームランを打ちたい」