新着記事

硬式野球部
結果
2017.04.08

同志社にサヨナラ勝ち

同志社にサヨナラ勝ち
サヨナラのベースを踏む谷川刀麻(経営2)

4月8日(土)
平成29年度関西学生野球連盟春季リーグ
第2節vs同志社大 第1回戦
@ほっともっとフィールド神戸
試合結果
近大5ー4同大

同大|010|012|000|=4
近大|010|000|013|=5
勝利投手 横山(1勝1敗)
敗戦投手 福島(0勝1敗)
【近大】小寺、伊波、村西、横山―川上
【同大】福島―山岸
【投球成績】
小寺 4回⅔ 70球24打者5安打 4三振 3四球 4失点 自責2
伊波 2回⅓ 31球 8打者 0安打 0三振 1四球 無失点
村西 1回  18球 3打者 0安打 1三振 0四球 無失点
横山 1回  17球 3打者 0安打 2三振 0四球 無失点

7

サヨナラ勝ちに喜ぶ選手たち

劇的な幕切れだった。川上翔大(経営3)の打った打球はポトリと守備の間に落ち近畿大が5ー4でサヨナラ勝ちを決めた。

近畿大・先発の小寺は雨の影響か制球に苦しむ。
二回・四回に一点相手に奪われ、いまいち調子が上がらない。さらに五回。二死から相手に甘く入った直球を打たれ、五回四失点でマウンドを譲る。その後は伊波友和(経営3)、村西良太(経営2)、横山竜也(経営3)の鉄壁なリリーフ陣で同志社打線をノーヒットに仕留め、打線に後を託した。

DSC_0181

変化球を投げる小寺

好投に応えたい打線。だが、エース・福島(同大)を前に七回一失点と抑えられる。

迎えた八回。ついに打線が目覚めた。
中家健斗(経営3)が右適時打で一点を返すと風が近畿に吹いてきた。
そして運命の九回にドラマが待っていた。

九回に安打と四球と無死満塁の好機を迎える。一打逆転の場面でベンチは代打・駒瀬大武(経営4)を送る。駒瀬は起用に応え価千金の同点適時打を放つ。なおも一、三塁とサヨナラのチャンスが続く。打者は本日の二安打と当たっている川上。福島の180球目。川上の打った打球は一塁手と投手の間に落ち、相手の守備が乱れている間に一塁へ全力疾走。結果はセーフとなりサヨナラ勝利を喫した。【高橋崚】

6

田中監督からアドバイスを受ける駒瀬

<試合後のコメント>
田中秀昌監督「神風が吹いた。負けていても選手たちが誰一人諦めておらず、更に中継ぎが踏ん張って無失点に抑えたことがサヨナラに繋がった。」

駒瀬「めちゃくちゃうれしいです!打った球は真っすぐで、振り切れたから打球が飛んだ。4回生なのでもっともっとアピールしてレギュラーの座を掴みたいです。」